Illustratorにおけるトレース技術

Colorテーマの適用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Colorテーマパネルより、Adobe Colorで作成したカラーテーマを読み込みトレースした画像に適用させる方法を解説します。
講師:
04:53

字幕

このレッスンでは、 Adobe Color で作成したカラーテーマを読み込みトレースした画像に適用させる方法を解説します。この例を見てみましょう。この例は名刺のデザインの一例でこの女性の画像、これは写真から画像トレースの白黒のロゴのプリセットでそこから Illustrator のオブジェクトとして変換したアートワークです。こちらの文字の方はペンツールによりトレースしたオブジェクトになります。それらを組み合わせてこの様な名刺のデザインをここで作りました。さて、ここでこの白黒のデザインにカラーを割り当てていきたいと思います。この様なデザインにカラーを割り当てていくにはまずカラーテーマというものを作りそこから割り当てていく方が無計画にいろんな色を割り当てていくよりもデザインの完成度が格段に高くなります。そこでカラーパネルから「パラ―テーマ」パネルを選択します。パネルの下段の部分3つアイコンがありますがまん中の、このアイコンこれをクリックするとAdobe Color の Website に行くことが出来ます。その時に、もしここでログインをされていない状況であればCreative Cloud と同じログインパスワードでログインできますのでログインしていることを確認して下さい。 ここでは、まず「カラールール」を選択してカラーホイールのスライダーを回転させ更に、微調整を下のカラースライダーで調整しここでカラーテーマを考えていきます。満足のできるものができたら「保存」をクリックして下さい。後から認識しやすいようにここで名前を付けます。そして「保存」をクリックします。今、保存中の表示がでています。ここで保存されたことを確認してもう一度 Illustrator に戻ります。そして、カラーテーマパネルを見ると先程作ったカラーテーマそれがここに反映しています。もし先程保存したカラーテーマがここで見えなければこのアイコンが更新のアイコンですのでこれをクリックして作成したカラーテーマを見つけて下さい。ここでカラーテーマパネルとスウォッチパネルこれを常に表示の形にしておきます。このフォルダーの部分をダブルクリックするとスウォッチの方に適用されているのがわかると思います。これに先程作成した、このカラーテーマドキュメント上で適用することが可能になりました。それでは実際にカラーを1つ1つ割り当てていきたいと思います。まずバックグラウンドを選択して例えば、この薄い色を適用させます。次に、文字の部分を選択します。 次に、女性の部分を選択し同じく色を割り当てていきます。もちろん、変更したければ、いつでも変更可能です。この様にして、カラーテーマこれによりカラーに関する計画を立ててIllustrator のドキュメントに読み込みその後は簡単にそれぞれのオブジェクトにカラーを割り当てていくことができるのがわかると思います。このレッスンでは Adobe Color で作成したカラーテーマを読み込みトレースした画像に適用させる方法を解説しました。

Illustratorにおけるトレース技術

Illustratorのベクター形式はビットマップ画像とはまったく違う性質を持っています。しかしトレーススキルを上達させることでアートワーク作成の幅がより広がり、さまざまな画像をベクター化することが可能になります。このコースでは実際にデザイン過程においてどのようにトレースが使われるのかを作例をまじえながら説明します。

2時間43分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。