Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

VBAの用語と概念

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マクロとはExcelを自動実行させる機能の名称です。操作を記録することではありません。
講師:
03:21

字幕

このレッスンではVBA の用語と概念について解説します。世間ではマクロ或は VBA という単語がよく使われます。しかし、これらの単語の意味を正確に理解していない方が実に多いです。ここではマクロや VBAこういった用語に対する正しい概念と知識を持ってください。まずマクロというのはExcel が持っている機能の名前です。Excel には様々な機能がありますね。条件付き書式入力規則ピボットテーブルそれらと同じ様にマクロというのはマクロ機能機能の名称です。ではマクロ機能とは何をする機能なのでしょう。マクロとは予め作っておいた命令書指示書に従ってExcel を自動実行するという機能の名前です。さて、命令書や指示書これを何語で書くのでしょう。そういう時に使われる言語をプログラミング言語と呼びます。そのマクロ作成で使われるプログラミング言語の名前がVBA と言います。正式名称はVisual Basic for Applications と言います。マクロと VBA というのは機能の名前とそこで使われるプログラミング言語の名前なのです。因みに Excel にはVBA ではないマクロ言語も含まれています。 つまり VBA を使わずにマクロを作ることも可能なのです。さて似た様な単語にマクロ記録というものがあります。マクロ記録というのは実際に Excel に対して行った操作をVBA のコードとして記録する機能です。勘違いしないでいただきたいですがマクロ記録のことを略してマクロとは呼びません。マクロとマクロ記録は全く別です。ここを誤解している方が凄く多いです。例えばマクロというのは操作を記録することVBA というのはコードを手入力すること等という様に誤解されている方が多いですね。しかし、これは全く違います。今、解説した様にマクロ記録で記録されるのはVBA です。また VBA というのはマクロ作成で使うプログラミング言語です。こうした用語の意味を理解したからといってそれだけでマクロを作れる様になれるわけではありません。しかし、こうした基本的なことが分からないと他の人とコミュニケーションが取れなかったり思わぬところでつまづいてしまいがちです。このレッスンではVBA の用語と概念について解説しました。

Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

マクロの自動記録の機能は便利ですが、VBA (Visual Basic for Applications)を使って自分でマクロを作れるようになるには基礎から学習するしかありません。このコースではVBAの概念とその基礎知識から、実務において実際に役立つマクロの作成の仕方まで順を追って解説します。

2時間19分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。