Photoshopで画像をシャープ化させるマル秘テクニック

アンシャープマスク

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シャープ処理で一番多用されるアンシャープマスクについて、サンプル写真と、わかりやすく作った検証用画像の2つで解説します。
講師:
06:09

字幕

このレッスンでは アンシャープマスクの詳細について解説します。それでは、この画像を使って「フィルター」>「シャープ」>「アンシャープマスク...」の詳細について解説します。アンシャープマスクをかけてみます。ここの「プレビュー」という所チェックが入っていると実際にこっちのメインの画像の方こちらにも効果がでてきます。アンシャープマスクですが、まずこの「量」を動かすことでシャープの適用量が変わってきます。それ大原則ですね。この鷲を見ててもらうと大きくするとシャープになって、減らしていくと段々ソフトになるというわけですね。この「量」を動かすというのはどういうことかというとこれは「量」を多くすれば多くするほどエッジが強調されるという動作になってます。なので、例えばこっちの手前のかなりぼやけているお爺さんの所ですけどここを見てていただくと、いくら「量」を強くしても、あまり影響がないですね。それは元々これがぼやっとしていて輪郭がはっきりしてないからなんですね。逆にピントがあっていて輪郭がいっぱいある、この鷲はこんな風に、どんどん どんどんそれぞれのエッジがシャープになってはっきりとしてきます。そして 強調するエッジの太さはこの「半径」で指定するんですがこれは非常に太くすることもできます。 こんな感じに極端に強くするとこの周囲の大きなエッジの部分もちょっと雰囲気変わってきますし更に極端に強くしていくとこんな感じにコントラストが強くなって色もちょっと残って特殊な処理をしたようなカラーコピーに極端にかけたようなそんな質感になってきます。こういう質感の変化をわざと作ってこれを効果とすると、そんな使い方もあります。そして この「しきい値」を上げていくとこの上に「量」の増加そして「半径」の対象となるエッジの広がれる量がどんどん少なくなってきます。これも「しきい値」を最高にするともう効果が無くなってしまいます。アンシャープマスクはこの3つの組み合わせにより画像を調整します。では、これと同じことをとてもわかりやすいこの説明のために作ったこのグラデーションと形の集合体こちらの画像でも行ってみましょう。「フィルター」>「シャープ」>「アンシャープマスク...」では「半径」を小さめにしておいてまず「量」の増減で強調されるのはエッジと言いましたけどこのグラデーションなんかのエッジの部分円もエッジの部分それが どんどん強調されてるのがわかると思います。かなりシャープになりましたね。一方、このグラデーションの部分は何も変わらないですね、ほとんど変わらない状態です。 この様にエッジには効くけど、エッジ以外のグラデーションの所にはあまり効かないというのが、このアンシャープマスクの「量」を上げた時の状態ですね。そして「半径」を太くしていくとどんどん これが小さい時には本当にエッジの部分だけが強調されていたのがどんどん どんどん太い範囲が強調されて前にでてるのがわかるかなと思います。極端に強くしていくと、こんな風に色も変わってきて適度な所で来るとエンボスみたいな雰囲気にもなりますね。どんどん どんどん上げていくと今度はグラデーションの形が変わってしまいました。この様にコントラストにも影響してくるというわけですね。そして「しきい値」をあげていくと段々 それぞれのエッジが拾われる度合が変わってきました。同じエッジでもこの薄いグレーの所の背景との落差とこの真ん中を通ってる棒の背景との落差ではこっちの真ん中の棒の方がはるかに大きいですね。落差が大きいので非常に目立ってます。なので、どんどん「しきい値」を上げていくと落差の小さい所から段々効果がなくなって落差の大きい所はまだまだ残ってるんですけど思いっきり上げるとなくなっていって最高にすると、効果がなくなるとこの様な動作となっています。 なかなか実際の画像で見るとイメージしにくい所もこういったグレースケールの画像で1回試してみるとああ、そういうことかと非常にわかってきます。アンシャープマスクはシャープ化の処理の一番かなめとなるツールなので是非とも覚えておいて下さい。

Photoshopで画像をシャープ化させるマル秘テクニック

Photoshopにおいて写真をよりシャープに見せる手法は、非常に重要なテクニックのひとつです。このコースではシャープネスについての基礎知識やフィルターとシャープツールの使い方、RAWファイルの基本的な加工やシャープ化を応用したイラスト風の画像を作るテクニック、印刷物やWebサイトなど用途に応じた画像の最適化などを学ぶことができます。

3時間18分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年08月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。