Photoshopで画像をシャープ化させるマル秘テクニック

明部・暗部個別のシャープ調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シャープネスを適用したレイヤーを、描画モードを変えることで明部、暗部それぞれを個別にコントロールする方法を解説します。
講師:
06:01

字幕

このレッスンでは暗い場所、明るい場所個別にシャープネスを調整する方法を解説します。それでは、今開いているサンプル画像ですが例えばこの髪の毛の部分なんかはもうかなりギリギリの頭部ギリギリぐらいの明るさになってます。一方、この飾りの部分この辺は結構色も黒なので暗めになってますね。この様に明るさが違う部分が写真の中には混在しています。それではシャープを調整する時にもこういう明るい部分、暗い部分個別に調整したほうがより良い結果がでることがあります。そうした場合の方法をやってみましょう。では、まず「レイヤーを複製...」します。複製したレイヤーの方にシャープを適用します。それでは、「フィルター」のメニューから「シャープ」の今回はスマートシャープを使いましょう。「スマートシャープ...」を実行します。では、スマートシャープこんな風に設定して下さい。この「除去」は「ぼかし(レンズ)」で行います。そしたら、まず「量」ですけどこれは「500 %」ちょっときつめにかけておきましょう。そして「半径」「1 pixel」で「ノイズを軽減」は「0」とこんな値にしておきます。そしたら、こちらのオプションの方「シャドウ」の「補正量」は 0「階調の幅」は 50「半径」 1 とそして「ハイライト」の方これは 100 の40 の 1 とこんな値にしておきましょう。 では、これで OK します。そうすると、こんな感じにこれは一律にシャープがかかっています。この辺なんかはちょっときつすぎる感じですよね。一方明るい所は丁度いい感じとこの様に箇所によって違っていますけどでは、このレイヤーの描画モードを「比較(暗)」にしてみましょう。そうすると、見え方が変わりましたね、「通常」の時と「比較(暗)」「比較(暗)」は下のレイヤーと比べて暗い方だけが残るという特徴があるのでこれをやると、シャープを適用した結果が暗い部分だけが残るという感じですね。なので、動かしても、見ての通りこの髪の毛の部分とかあまり変化しないですけどこの服のアクセサリとか皺の部分これは大きく変化しますね。では、更にこれをもう1個複製します。シャープをかけたレイヤーをもう1個複製してそして、今度は描画モードを「比較(明)」にします。そうすると、今度は比べて明るい方だけが残るので今度は髪の毛とか、この目の所とかそういった所によく効いています。そうすると、例えばこの「(暗)」の方を減らしていけばちょっときつすぎだったこの辺りのドレスの皺の辺りとかアクセサリの方が良い感じに弱くなってきて一方、この髪の毛とかの明るい部分またアクセサリでもこの光の反射している部分とかこの辺はシャープが保たれています。 こっちも量をこの様にして微調整できます。こんな風にすると、画像の中で明るい部分、暗い部分それぞれのシャープネスを個別に調整できます。では、プラスアルファですが、今この方法だとそれぞれのレイヤーの不透明度それを変えました。では、これを、明るい所、暗い所含めたシャープネス全体をオフセットしたいという時にはどうすればいいかそれぞれ個別に操作するの面倒くさいですね。その時にはこんな方法やってください。ではこのシャープ用のレイヤーの下ですね、元の画像の一個上にトーンカーブを適用します。トーンカーブ適用するんですけどこのトーンカーブ自体は調整しません。これはシャープの受け皿として使います。そしたら、その上のこのシャープネスのレイヤーを「クリッピングマスクを作成」にします。もう1個上、一番上、明るい方のレイヤーも「クリッピングマスクを作成」にします。こうすると、この2つのレイヤーはこのトーンカーブのレイヤーの所にクリッピングされた状態となります。見た目の通り、効果は変わらないですけどこれでこのトーンカーブのレイヤーをオン、オフすると纏めて効果をオン、オフできます。更にトーンカーブのレイヤーの不透明度を変えていけば全体のシャープネスが変わっていくとこちらはマスターとして使えるわけです。 この方法を使うと、大変便利です。シャープネスも一律で全体にかけるのではなく部分ごとに最適な感じでかけるのがより良い結果を生んでいきます。明るい部分、暗い部分、個別にかけるときには是非この方法を使ってみてください。

Photoshopで画像をシャープ化させるマル秘テクニック

Photoshopにおいて写真をよりシャープに見せる手法は、非常に重要なテクニックのひとつです。このコースではシャープネスについての基礎知識やフィルターとシャープツールの使い方、RAWファイルの基本的な加工やシャープ化を応用したイラスト風の画像を作るテクニック、印刷物やWebサイトなど用途に応じた画像の最適化などを学ぶことができます。

3時間18分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年08月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。