Photoshopで画像をシャープ化させるマル秘テクニック

明るさで指定した範囲をシャープに

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
色域指定を使って特定の階調範囲を選択し、そこにシャープを適用した上で、レイヤーマスクなどを活用して調整する手順を解説します。
講師:
06:20

字幕

このレッスンでは 特定の明るさの範囲にシャープを適用する手順を解説します。それでは 1枚の画像の中でも明るい部分そして 暗い部分そして真ん中ぐらいの部分と様々な明るさの部分が混在しています。それを特定の明るさの部分にだけシャープを適用するそんな手順をやってみましょう。では まず元のレイヤーを複製します。ここに対して処理を行います。では、この複製したレイヤーここに対して「選択範囲」>「色域指定」これを適用します。「色域指定」ですが、通常はこの拾った色の範囲それに従って選択範囲が作られるんですがこの選択という所、これを見てみると実は拾った色以外にも、特定の色であったりまた「ハイライト」「中間調」「シャドウ」と明るさの領域によって選択を変えるとそんな機能もあります。例えば「ハイライト」にすると見ての通り、明るい部分このドレスとか日があたってる所とか明るい部分からこの様に選ばれていきます。そして「シャドウ」は逆に暗い所こっちの影になってるあたりとか暗い所から選ばれています。そしたら、その真ん中「中間調」ですね。これは一番フレキシブルで自分で設定した範囲が指定されます。では、「許容量」はこのまま「40 %」でいいのでこの「範囲」、これを広げると一番明るい所と一番暗い所どれぐらいの範囲が選択されるのかこれを決めることができます。 では、暗い方、こっちを「75」ぐらいにしておきましょう。そして明るい方はずっと下げてきてでは「130」ぐらいにしましょうか。「130」にしましょう。これで OK します。そうすると、中間の範囲が選ばれるのでこれでレイヤーマスクを作成します。そうすると、こんな感じに中間調の辺りだけが取り出されました。これ、レイヤーマスクの部分をMac の方は OptionWindows の方は Alt キーを押しながらクリックするとマスクを見ることができます。この白い部分が選択されている所です。こんな所が選択された状態となっています。では、ここに対してシャープを適用しましょう。必ず、レイヤーマスクでなくこっちの画像の方を選んで「フィルター」>「シャープ」>「アンシャープマスク...」ですね。これ適用します。「量」は「130」ぐらいにしましょう。そして「半径」を広めで「5.5」ぐらいにするとこんな雰囲気になります。これで OK します。そうすると、中間調の部分にだけシャープがかかったので、見て頂くと例えば、このドレスの黄色いドレスの皺の辺りとかあんまりシャープな影響でてないですね。そして、例えば、この暗い所こういった所のがさがさした部分とかもあんまりシャープの影響でてないですね。 この様にして一番明るい所暗い所を除いて真ん中のあたりだけにシャープがかかっています。ただ、このままだとかかり方がキツイ感じがするのででは、レイヤーマスクを選んでそして「属性」のパネルこの「ウィンドウ」からも出せます。そしたら、この「ぼかし」これを上げていくとレイヤーマスクにぼかしがかかってこの効果がソフトになっていきます。レイヤーマスクを見ながらやってみると元々かなり硬い感じのマスクなんですけど、これが、この様にぼけていくと実際のシャープの出方も柔らかくなっていきます。こんな感じでかかり具合を調整できます。そして、更にこれはこのシャープから行われた部分自体も例えば「トーンカーブ」なんかを使ってトーンカーブを加えて、それを下のレイヤーにクリッピングします。このシャープのレイヤーだけにトーンカーブが効くようにしてこれで調整すると、こんな感じに画質を大分調整することができます。コントラストをきつくすると、こんな感じにきつめのシャープの感じになりますしこれを動かすやり方によってシャープさの度合いを変えることができます。この様にして、特に一番明るいあたり、暗いあたりそこが硬くなりすぎると画像全体が硬くなりすぎるという傾向がありますけど中間調の部分がうまい具合にシャープになると全体の印象が結構いい感じにシャープになるとそんな処理を行うことができます。 こうした明るさの部分に応じたシャープの適用、是非とも覚えておいて下さい。

Photoshopで画像をシャープ化させるマル秘テクニック

Photoshopにおいて写真をよりシャープに見せる手法は、非常に重要なテクニックのひとつです。このコースではシャープネスについての基礎知識やフィルターとシャープツールの使い方、RAWファイルの基本的な加工やシャープ化を応用したイラスト風の画像を作るテクニック、印刷物やWebサイトなど用途に応じた画像の最適化などを学ぶことができます。

3時間18分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年08月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。