Premiere Pro 編集効率化テクニック

トラックのロックとオン・オフ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
特定のトラック内容を変更できないようロックしたり、それぞれのトラックをオン、オフする類の操作について解説します。
講師:
04:01

字幕

このレッスンではトラックのオン、オフとロックについて解説します。このレッスンのサンプルファイルを見てみると(BGM と背景音)こんな構造になっています。映像はメインの映像とあと小窓ですね、この2つが合わさった構造。そして音声はメインの映像にくっついているものと BGM ですね。このように多数の素材で構成されている映像の場合ですねそれぞれのトラックの要素をオンオフすることができます。例えば映像の方ですね。この目玉のマークをクリックすることでオンオフできます。例えばこの小窓の方ですね、トラックをオフにしてみるとこんな感じに切り替えることができます。メインの方も切り替え可能です。オフにして何もなくなったところは映像は真っ黒になりますね。そして個別ではなく映像全部をオンオフしたいという場合にはShift キーを押しながらクリックすると全部まとめてオンオフすることができます。一方、音声はちょっと構造が違います。目玉ではなくて M と Sミュートとソロというボタンがあります。まず M、 ミュートですけどミュートをオンにするとそのトラックの音声が出なくなります。例えば(BGM と背景音)BGM のトラックのミュートをオンにすると(背景音)出なくなってこの背景音だけが鳴っています。 一方ソロはそのトラックの音だけが出るようになります。じゃあこっちの背景音にソロを入れてみましょう。すると(背景音)こっちの BGM が出なくなりました。ソロは1個だけではなくて複数のトラックに入れることができます。なので背景音も BGM も両方ソロを入れると(BGM と背景音)結果的に全部の音が出てきます。では編集が進んで、もうこれ以上そのトラックの状態を変えたくないという時ですね。Premiere で作業していると、ついうっかりひょこっとクリップの位置が動いてしまうということがあるんですけどそれを防ぐ時には、このトラックの左の方にある鍵のマークロックを使います。これをオンにするとそのトラックが斜線になってこのように全く触れなくなります。そうすると間違ってずらしてしまうということもなくなります。そしてこのロックなんですけどShift キーを押しながらクリックすると映像の方をまとめてオンオフしたりまたは音声の方をまとめてオンオフしたりそれぞれクリックした映像音声ですね各々をまとめてロックの入りと切りを切り替えることができます。この操作なんですけど実はショートカットを割り当てることができます。 ではキーボードショートカットを開けてここに「ロック」と入れてみましょう。そうすると「すべてのオーディオトラックすべてのビデオトラックをロック、ロック解除」というのが出てきます。初期状態ではここにショートカットは割り当たっていないんですが自分が好きなものを設定することでここにショートカットをつけることができます。このように表示や発音のオンオフソロなどを行ったりまた動かないようにロックしたりこうしたトラックの状態のやりくりぜひとも覚えておいてください。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。