Premiere Pro 編集効率化テクニック

モニターのセットアップ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
インターレース素材のフィールド表示の切り替えや、画質の設定などモニタに関する項目を解説します。
講師:
04:55

字幕

このレッスンではモニターの表示設定について解説します。それではこのレッスンのサンプルプロジェクト今このハンドというシーケンスが開かれています。これを再生してみるとこんなじゃんけんの映像が映っています。では見やすいようにプログラムのパネルを選んで@(アットマーク)を押すとこのように拡大表示されます。そしたら動きの激しい場所ですねこのようにブレが出ている場所これを選んでください。そしてこのスパナのマークですねこれをクリックして今「1番目のフィールドを表示」となっているところこれを「2番目のフィールドを表示」に切り替えるとこのように見えかたが変わります。位置がずれましたね。1番目と2番目のフィールドで位置が変わります。なぜこういうことが起きるかというとこれがインターレース方式で記録された映像だからです。ビデオの映像にはインターレース方式とプログレッシブ方式というのがありインターレース方式だと例えば1秒間に 30 コマのビデオだったとしてもその1コマがさらに2つのフィールドというものに分割されて記録されています。なので今それぞれ片方のフィールドだけ出しているので1コマの中でも時間差があって見え方が違うんですね。 「両方のフィールドを表示」としておくと真ん中をとって両方が合成された結果となるのでこの被写体の位置なんかは掴みやすくなります。これなんですが映像自体がもともとインターレースなのとシーケンスの設定を見てみると1080i となっていますね。この「i 」というのがインターレースの略です。カメラの方式でインターレース方式で記録された場合にはこのシーケンスを使ってそして映像自体もインターレース方式なのでここのフィールドの切り替えで見え方が変わってきます。これも実は動きがあまりないところ例えば一番最初とかですねこういったところだとフィールドを切り替えても見え方が変わりません。あくまで1コマの中でもブレの出るような動きの激しいところですねそこだと大きく差が出てきます。ではちょっと違ったパターン次は fliying の方のシーケンスを見てください。これも拡大して見てみると今このような映像になっています。今このマシーンでは滑らかに再生されていますがパソコンによっては再生している時どうしても重くてコマ落ちしてしまうそういう時があります。その時にはここの部分、今「フル画質」となっているところを1/2 から 1/4 に設定してやると再生している時だけこのように画質が落ちます。画質は落ちがますがその分データが軽くなって再生が滑らかになります。 ここなんですが普段は止まっている時はフルの解像度で出ています。この辺の切り替えですけどこのスパナのマークをクリックするとこちらで再生時の解像度これはこの部分と同じでそして一時停止時の解像度これを落とすことによって止まっている時も同じものに合わせることができます。一時停止時は解像度を上げておいてもいいんですけどどうしても見え方に差が出てしまうのが嫌という時にはこちらはフル画質にしておいて再生時の解像度だけ落とすというのがベターな方法となります。エフェクトの処理なんかを行った時にはノイズの出方とかが違ってくるのでこのフルの状態で細かいところを確認した方が良いでしょう。ちなみにこちらの flying の方のシーケエンスだとこのフィールドの切り替えがありません。これはなぜかというとこちらの映像はプログレッシブ方式。例えば1秒間に 30 コマだったら30 枚の写真が並んでいるのと同じような記録になっています。プログレッシブ方式だとこのフィールドの切り替えは出てきません。こうしたフィールドの切り替えによる見え方の違いですねそして再生が重い場合の解像度の切り替えこのあたりモニタリングを行う上で大変大事な設定なのでぜひとも覚えておいてください。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日
再生時間:3時間05分 (37 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。