Premiere Pro 編集効率化テクニック

オーバーレイの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集中のモニタ上に、タイムコードやファイル名など各種の情報を表示するオーバーレイの設定について解説します。
講師:
06:51

字幕

このレッスンではオーバーレイの設定について解説します。今このようなサンプルのプロジェクトが開かれています。(再生音)このモニターの上を右クリックして「オーバーレイ」を選んでみてください。すると、この部分にこんな感じで表示が追加されました。これがオーバーレイというものでこのモニターの上で再生している状態に応じた様々な情報を合成することができます。ではこれの内容をカスタマイズしてみましょう。ここの「設定」をクリックしてオーバーレイのオンオフはここにもあります。そしてその下の「オーバーレイ」設定で「設定」を選びます。するとこんな設定の画面が出てきます。今このオーバーレイ、再生中も表示されるように「再生中のオーバーレイを有効にする」をオンにしましょう。今出ているやつですけどこれ「ソースタイムコード」それぞれのクリップが持っているタイムコードが出ています。ではこれを OK にして今全部頭が揃っているので数値が揃っていますけど例えば、これをこのように編集してずらしてみると値が変わります。このように操作するとオーバーレイが消えてしまうことがありますけどその時には、シーケンスを1回閉じて開き直すと表示が直ります。 見ていただくと今 V1 のトラックにあるクリップはさっき時間をずらしたのでここだけタイムコードが違っていますね。これはソース毎のタイムコードを出しているからです。これを例えば「オーバーレイ」設定から、こっちの上の位置に別のものを出しましょう。「シーケンスタイムコード」を出してやると別のものが出てきました。これはあくまでシーケンスのタイムコードなのでここと一緒ですね。それが表示されます。このように複数の情報を出していくことができます。では違うものも表示してみましょう。この任意の位置にマーカーを追加してみましょう。マーカーを追加して分かりやすいように名前を付けましょう。「追加したマーカー」という名前にして色も変えてみましょう。すると、ここにこんな表示が出てきました。「追加したマーカー」と今設定した内容ですね。ここを「設定」で見てみると下のところにこのマーカーのオーバーレイが設定されていました。マーカーのオーバーレイですね。現在選ばれているマーカーの名前が出てくるんですけどこれは名前を入れないと表示されないので追加したら必ず名前を入力するようにしてください。今度はこの上の3つをこっちをやってみましょう。 「シーケンスクリップ名」こちらは「プロジェクトクリップ名」そして「ファイル名」ですね。そしたら、この揃えもこの横のやつは「垂直方向の中央揃え」この垂直の中の真ん中にくるようにしてみましょう。これを OK すると今元々読み込んで付いてる名前これはそのままなので全て同じ表示になっています。まず、このシーケンスの上でクリップの名前を変えてみます。右クリックして「名前の変更」。では、「素材1」とでもしておきましょう。こっちも名前を変更して「素材2」としておきます。そうすると、まずシーケンスのクリップ名が変わりました。ここでローカルに変えたらそれが反映されるわけですね。では、このプロジェクトパネルの中でそれぞれ名前を変えてあげるとこれは A としてみましょう。そうすると、こっち側が A になりましたね。これは B にすると B に変わります。こっちは元々持っているファイル名なので変わらないとこのように同じ素材であってもシーケンスの上での名前プロジェクトの上での名前そしてファイルの名前とそれぞれを個別で出すことができます。そうすると、今どの素材を使っているかというのを把握することができます。こうしたオーバーレイの設定ですけどプリセットも用意されていますしこのボタンをクリックすることでこのように新しく保存することができます。 例えば、分かりやすい名前を付けて保存しておきます。そうすると、次からはこのオーバーレイ設定のところにここが元々入っている「編集オーバーレイ」というのと「V1 のみをオーバーレイ」というのが入っていますけどここに自分で保存した独自のオーバーレイを保存していけます。なので、このように選ぶものによってワンタッチで切り替えて表示を変えていくことができます。オーバーレイを使うと様々な項目をこのモニターの上で把握しながら編集することができます。ちょっとうるさいなという時にはオフにできるので適宜必要だなと思う時だけに表示して使うことができます。この便利なオーバーレイの設定を是非覚えておいてください。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。