Premiere Pro 編集効率化テクニック

クリップの選別

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プロジェクトパネルに読み込まれたクリップの中身を確認し、使用する部分を選別するための手順を確認します。
講師:
07:43

字幕

このレッスンでは、クリップの内容の選別について解説します。Premiere Pro で編集する時に読み込まれた素材は全てこの「プロジェクト」パネルにまず入ります。この「プロジェクト」パネルの中には今、4本のビデオの素材が読み込まれています。これらの中身を確認して実際に編集に使う部分を切り出していくという作業をやってみましょう。まず、「プロジェクト」パネルです。ここが「リスト表示」になっている時はこちらの方に様々な情報がずらっと表示されています。そして、これだけだとどんな中身なのか分かりづらいのですが「プロジェクト」パネルのパネルメニューをここから開けてみるとまず、「プレビューエリア」というのがあります。これをクリックするとこの様なウィンドウが出てきます。そして、選択されているそれぞれのクリップの大まかな中身がここで分かるようになっています。再生して中身を見ることも可能です。これがあるだけで大分、違います。ここのバーをドラッグするとこの様に、位置を変えることも可能です。さらに分かりやすくしたい場合には同じメニューの中の「サムネール」というのがあります。これを出すと、この様にそれぞれのアイコンが内容を示すサムネールになります。 これだとすごく小さいんですけどこの表示を大きくしていくとこの様に、ある程度大きくすることができます。もっと広いモニターを使っていて表示に余裕がある場合にはこれを使うと、大変便利です。では、この様に内容を確認した上でそれぞれのビデオの中でどの部分を使うというのをあらかじめ指定することができます。では、特定の素材のアイコンの部分 ...名前の所をクリックすると名前の変更になってしまうのでアイコンの部分をダブルクリックするとこの上の部分を「ソース」モニターで開くことができます。「ソース」モニターの上ではこの素材の内容を再生してどんな中身かというものを見ることができます。そして「ソース」モニターは単に中身を見るだけじゃなくてここからここまでを使うというのを指定することができます。では、例えば「ここから使う」というのはこの場所にしましょう。それが決まったら「インをマーク」をクリックするとここがインポイントに設定されます。これは、キーボードのI を押しても一緒です。そして、「ここまでつかう」はアウトですね。それが決まったらここをクリックしても良いですしキーボードの O を押すとそこがアウトになります。 インからアウトが決まっているとこのクリップはタイムラインに持ってこられた時にこの一番先頭の部分はインと同じそして、一番最後はアウトと同じ。こちらで指定した範囲をそのまま持って来ることができます。あらかじめ、この様に切り出しておいてあとは並べておくというかたちにすると手早く作業ができます。では、これをちょっと違うかたちでも指定してみましょう。では、もう1個、別なものを開きます。編集をしていると映像と音で、使いたい部分がバラバラという場合があります。例えば、映像はここからここら辺まで使いたいけど音だけ継続して使いたいという場合。その時には、ここを右クリックすると「スプリットをマーク」というのがあります。それぞれ、ビデオとオーディオで別々にイン・アウトを決められるんです。では、まず「ビデオイン」にしてみましょう。そして、この辺りを「スプリットをマーク」で「ビデオアウト」にしてみましょう。そしたら今度は、それとは別に「オーディオイン」を決めて「オーディオアウト」も決める。この様に、ビデオとオーディオで別々に使う所を決めてやるとそれが反映された状態で持って来ることができます。この様な方法を使うとかなり柔軟に使いたい範囲を決めることができます。 では、今、「ソース」モニターで作業を行っていましたがこれを「プロジェクト」パネルでもっと関係させるやり方もあります。では、「プロジェクト」パネルのこのボタンを押すとこの様にアイコン表示となります。アイコン表示となるとこっちをドラッグするとサイズをもっと上げることができます。そして、アイコン表示の状態でマウスのポインタを映像の上に持っていくとこの様に動くんです。これが一番左にある時がビデオの始まりの部分、そして、右に行くにしたがって時間が進んでいって一番右が一番最後というかたちで中を見ることができます。1回クリックするとここでハンドルのドラッグで変えることもできます。では、この状態でここから使いたいという部分にキーボードの I を押すとインポイントを設定できます。そして、ここまで使いたい部分でキーボードの O を押すとアウトを設定できます。ここでイン・アウトを設定できるのでこのまま、これに持って来れば今、指定した部分がこの様に反映されます。この様に、実際にタイムラインに並べる前の段階でどこからどこまでを使いたいかというものをかなり、この様に細かく設定することができます。それぞれ、見やすさに応じてリストを使って「ソース」モニターで決める方法。 または、アイコン表示にしてここで直感的に決める方法。また、リスト表示の時も「プレビューエリア」であるとかまたは、「サムネール」を表示する。こういった便利な方法です。事前に使用範囲を決めるのに大変、便利なので是非とも活用して下さい。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。