Premiere Pro 編集効率化テクニック

サブクリップを作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
設定したイン〜アウトの範囲を他のクリップとして切り出すことのできる「サブクリップ」の使い方を解説します。
講師:
03:36

字幕

このレッスンではサブクリップの作成について解説します。ソースモニターの上で使用範囲を決める時に例えばここからここまでを使うということで一か所だけであればこれを持ってくるだけでいいのですが一つの素材の中でも例えばここら辺とここら辺と、そしてこの辺三か所使いたい、という場合そういった場合には面倒になってきます。そういったときに便利な方法をご紹介します。ではまず一か所目に使う場所を決めましょう。始まりの部分でキーボードのI(アイ) を押して終わりの部分で O(オー)を押します。イン・アウトを決めたらここでソースモニターの上を右クリックします。そして「サブクリップを作成」をクリックするとこのようなウィンドウが出てくるので名前を付けます。「サブ1」としておきましょう。そうするとこんな形のクリップが作成されます。これがサブクリップというものでこちらに持ってくると今指定した範囲がこのように独立したクリップになっています。では二か所目です。別の場所のイン・アウトを決めてまたサブクリップを作成を行うともう一個できるので、これも違う範囲が設定されています。そして三つ目です。またイン・アウトを決めてサブクリップを作成後から名前を変えることもできます。 こちらも範囲を決めて切り出せます。このようにあらかじめどこを使うのかを決める場合サブクリップにしていくと大変便利にこのようにどんどん並べていくことができます。このサブクリップですが一個特徴があってこの前後を伸ばそうとしても伸びないですね。同じところを直接持ってくると隠れている場所もちゃんと伸ばすことができます。これはなぜかと言うと作成するときに「トリミングをサブクリップの境界に制限」にチェックが入っていたからです。これを後から外すこともできます。ここのプロジェクトパネル上のサブクリップを右クリップして「サブクリップを編集」これを実行します。そうするとサブクリップの範囲を変えることもできますし「トリミングをサブクリップの境界に制限」さっきのチェックですねこれを外してやれば制限が外れて、自由に長さを変えることができるようになります。このようにして事前に使うところを決めてサブクリップにしてしまえばあとはそれをまとめてごそっと持っていくだけでざっくりとした編集ができるという大変便利な使い方ができます。この便利なサブクリップを是非とも活用してください。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。