Premiere Pro 編集効率化テクニック

クリップを選択

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タイムライン上のクリップを、個別や再生ヘッドの位置に合わせて選択したり、特定部分の前または後ろをまとめて選択する際の操作について解説します。
講師:
05:47

字幕

このレッスンでは、タイムライン上のクリップの様々な選択方法について解説します。タイムライン上に並んでいるクリップこれは様々な方法で選択することができます。まず、例えば、普通にクリックすればクリックしたクリップが選択されます。これは基本中の基本ですね。複数選択する時には、ドラッグしてこの様に囲んでいくという方法もあります。では、例えば、これとこれのような感じこの様に飛び飛びで選択する時はどうしたらいいのでかそういった時に、Shuft キーを押しながらそれぞれクリックすることで個別に選ぶことができます。そうしたら、この選択は基本的にリンクしている場合には、映像とオーディオいっぺんに選ばれます。これを個別に選びたい時にはMac の場合には、Option キーWindows の場合には、Alt キーを押しながらクリックするとオーディオだけとか、または、ビデオだけ一時的にリンクを無視して選ぶことができます。そうすると、特定のオーディオだけを選んで消したりこういったことが簡単に行えます。それでは、更にちょとプラスアルファの選択方法をやっていきましょう。これらの数量を使ってもちょっと面白い選択ができます。 例えば、このツールですね、トラックの前方を選択するこれを使うと特定のクリップをクリックするとここから前の部分にあるクリップが全部選ばれます。そして、逆にこのトラックの後方を選択するこれだと逆ですねクリックした位置から後ろにあるクリップが全部選ばれます。例えば、特定の場所から後ろ全部無くしたいとかそういった場合に、ずっとドラッグして行くのは面倒なのでこういったものを使うと非常に便利に一括して選びことができます。例えば、選ばれてほしくないものが一緒に選ばれてしまった場合にはさっきの逆で Shift キーを押しながらクリックするとそれだけ選択解除されます。このようにして、除外することも可能です。それでは、作業の展開に合わせて随時、選択されていく方法このようなものもあります。シーケンスのメニューの中に「再生ヘッド位置を自動選択」というものがあります。これがオンになっているとこの様に、再生ヘッドのあたっている部分のクリップがいつも自動的に選ばれます。このような感じでクリップの切れ目ごとに行ってもきっちり選ぶことができます。これは、このシーケンスのメニューからオンオフできるので必要なときに応じて使うことができます。 それでは、標準では表に出ていないけどちょっと面白い機能を使ってみましょう。では、キーボードショートカットの設定Mac の場合には、PremiunPro メニューWindows の場合には、編集メニューにあるキーボードショートカットを出します。そしたら、ここに「インからアウト」と入れてみてください。そうすると、この出てきたものの中に「インからアウトを選択」というものがあります。特定のポイントでインからアウトを設定されているとその時にこれを実行するとその範囲内が選択されるというわけです。これは初期設定では、ショートカットが当たっていないので何か適当なものを割り当てます。そして、OK します。では、実際にやってみましょう。例えば、ここがインに設定されてここがアウトに設定されます。すると、このインとアウトの範囲にかかっているこのクリップそれが先ほどのショートカット実行でこの様に選ばれます。全部範囲に入ってなくてもかかっていれば選ばれるというわけです。インとアウトが変われば、例えば、ここしか範囲が無い場合だとここにかかっているものだけが選ばれるとこのような選択方法ですね。標準では表にコマンドが出ていないのでなかなかマイナーなものですけどショートカットの設定で「インからアウト」と入れることで出すことができます。 こうした様々な選択方法をケース・バイ・ケースに応じて使い分けると非常に効率的な操作が行えるので是非とも覚えておいてください。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。