Premiere Pro 編集効率化テクニック

リンクの操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ビデオとオーディオクリップのリンクを全体または個別に切り替えたり、複数クリップをグループ化する操作について解説します。
講師:
04:56

字幕

このレッスンでは、 ビデオとオーディオのリンクについて解説します。元々素材の段階で、オーディオとビデオが一緒になっていたものはそのままタイムラインに持ってくるとこの様に選択するとビデオとオーディオが一緒に選ばれるくっ付いているリンクされた状態になっています。これ、基本ではあるんですが実は絶対の状態ではないですね。このタイムラインの右上のこの幾つかあるボタンこの中で「リンクされた選択」これを外しておくと実はすべてのビデオとオーディオは、この様にリンクしていない状態となります。そしてまたここをオンにするとリンクした状態となります。この様に大元の所でオフにできるのでそれぞれオーディオとビデオを自由自在にバラバラに扱いたいという時には一時的に外しておいてそれぞれ個別に選ぶとそのようなこともできます。または全体はオンにしておいて個別に選ぶのであればMac の方は Option キーWindows の方は Alt キーを押しながらクリックして個別に選ぶといった方法もあります。この時、Shift キーとOption または Alt キーを一緒に押してると、この様に個別に複数で一時的にリンクを外した選択を行うこともできます。 そして、全体はオンにしたままで一時的でなくてこの映像とオーディオのリンクを外したいという場合には右クリックして「リンク解除...」これを実行することでリンクが外れてばらばらに選ぶことができるようになります。そして、再びリンクさせたいという時にはリンクさせたい同士を一緒に選んで右クリックして「リンク」とやるとそうするとまたリンクします。このリンクなんですが実は元々一緒だった音声と映像同士じゃなくてもリンクできます。例えば、この映像とまた別のこの音声こっちを選んで「リンク」とやればちゃんとリンクさせることができます。更に、このリンクは1対1である必要もなくて例えば映像1個に音声1、2、もう1つ行きましょう。3、こんな状態でも実はリンクさせることは可能です。そうすると纏めて動かすことができます。もちろんこれなんですけど映像も2本あっても構いません。映像が2個あって、この様な状態でもちゃんとリンクさせることができます。では、リンクできないケースはどんなものかというとこれはシンプルでして1トラックの内に2個以上並んでるものが選ばれてる時にはリンクにできません。例えば、今この状態は各トラック1つずつのクリップなのでリンクを有効にできますが、例えば、こんな感じに1つのトラック中に2つクリップがあるような場合にはリンクが有効になりません。 この様な時には「グループ化」はできるのでグループにすることは可能です。但しリンクにはできないです。リンクはあくまで1つのトラックあたり1つのクリップその組み合わせであれば複数個であっても問題なくリンクさせることができます。元々の素材をタイムラインに持ってくるともう自然にリンクしてるのでなにげなく使っていますが、リンクにはこの様なルールがあります。この辺を覚えておくとタイムライン上でのやりくりが非常に自由自在になります。是非とも覚えておいて下さい。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。