Premiere Pro 編集効率化テクニック

同期ロック

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
インサート時に音楽やナレーションのトラックを分断しないようにする同期ロックの機能詳細を解説します。
講師:
03:47

字幕

このレッスンでは同期ロックについて解説します。Premiere のタイムラインの上で操作をしていると一緒に動いては困る素材というものが存在します。例えば今この状態はビデオとオーディオが同期されたものそしてこちらに BGM を敷いてあります。ではこの後ろの方にあるクリップこれを選んだ状態でMac の方は CommandWindows の方は Ctrl を押しながらこちらに持ってくると挿入が行えるわけですが普通にやると、この様にBGM が分断されてしまいます。そして、この操作に関しては回避する方法としてCommand もしくは Ctrl とOption または Alt キー押しながら持って来ればこちらに影響を与えないという回避策がありました。これは他の方法でも避けることができます。ここのトラックの「同期ロックを切り替え」これをオンにしておくとCommand もしくは Ctrl だけを押して普通に入れ替えの操作を行った場合もこの様に同期ロックがオフになっているトラックには影響を与えずに操作ができます。根本的にこの様なことがあってはいけないので操作で切り分けるほかに根本的にこの同期ロックをオフにしておくそういった対策もあります。 また、この同期ロックオフが有効なのは、例えば特定の箇所に別のビデオを挿入する際インサートの操作もそのままやると分断されてしまいますが同期ロックがオフになっていればそれを回避してこのトラックには影響を与えないとこういったことが行えます。では、これを踏まえてなんですがsequence02 の方を見てみましょう。今 sequence02 ですけどこんな状態になってます。ビデオとオーディオがリンクされているものが並んでいてここ、ビデオだけのものがあります。そしてこのオーディオのトラックは同期ロックが外れています。例えばこうした状態で「リップルツール」ですね。リップルツールを使ってこのビデオだけの部分の長さを変えてみます。すると、この様にリンクされているにもかかわらずこっちのビデオとオーディオがずれてしまいました。実はこの同期ロックがオフになっているとビデオとオーディオのリンクの設定よりも優先されて働いてしまいます。なので、通常であれば同期がオンであればリップルに伴ってちゃんと一緒に来るはずの素材がこれがオフであるとリンクがなされていてもずれてしまうという通常はリンクがなされていればずれないという認識なんですけどこのケースではずれが生じてしまううっかりやってしまうと映像と音声がずれてしまうので注意が必要です。 この様に特に BGM とかナレーションとか途中が分断されては困る素材がずっと敷いてあるトラックには非常に有効な同期ロックのオフですが場合によってはリンクされてるオーディオとビデオをずらしてしまう原因にもなるのでそれを注意した上で活用して下さい。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。