Premiere Pro 編集効率化テクニック

クリップのスライドとスリップ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
対象クリップの長さをキープしたまま、前後のクリップを変更しで位置を変えたり、クリップの内容をずらす操作について解説します。
講師:
06:05

字幕

このレッスンではスライドとスリップの操作について解説します。このレッスンのサンプルプロジェクトですがこのように、ある程度編集ができている状態となっています。例えば、この状態で今1個だけ色が変えてあるこのクリップの長さはもうこれで決まりとして変えたくないとします。これをキープしたままで、但しこのクリップのある位置を少しずらしたいという時例えば、前後のものをこのようにトリミングして手動でずらすという方法もあるんですけどこれだと微調整が結構面倒くさいですね。そんな時に非常に簡単にこのクリップの位置を変えることができる方法があります。それが、ここにある「スライドツール」です。ではスライドツールを実際に使ってみましょう。使い方は非常にシンプルでこの位置を変えたいけども長さを変えたくないクリップをスライドツールでドラッグするだけです。すると見ての通り、このように長さを変えないままで、位置をすらすことが可能です。もうある程度編集が終わってきて最終段階で少しだけクリップの位置を変えたいという時に全体に影響しないので大変便利ですね。このスライドの操作なんですがこれはキーボードでもできます。キーボードで行う場合にはMac では Option キーWindows では Alt キーを押しながら今度はキーボードのピリオドとコンマコンマが左側で、ピリオドが右側1番下の列にあります。 Option 又は Alt を押しながらこのコンマとピリオドを押すことでクリップを移動させることができます。もう少し拡大してみましょう。ピリオドだと右方向コンマだと左方向に動いていきます。この時、Option 又は Alt とShift を一緒に押しておくとこのように変化の量が5フレーム単位大きくなります。これである程度大きく動かすことが可能です。これが、このクリップの長さ内容を変えないままで位置を変えるスライドでした。では、ちょっと違うケースも見てみましょう。今度はこのクリップの長さはこのままでそして他のクリップも長さも位置もこのままにしたいだけど、このクリップの内容をちょっとずらしたい場合今この紫のクリップの頭のところがこのちょっと引いた映像で最後がこの建物の模型になっていますね。例えばこれを、この建物の模型から始まって更に後ろに持ってきたいという時それをこのような手動でずらすような作業を行わなくてもできるのがここにある「スリップツール」です。では、スリップツールを使ってこのクリップをドラッグしてみます。そうするとこんな分割画面が出ます。下2個の大き目の方はこのクリップの最初と最後ですね。 そして左上・右上に出ている小さい画面は隣接しているクリップの1番最後のフレームと1番最初のフレームそれぞれの絵から繋がる部分です。ドラッグしていくと、このクリップの範囲が変わっていきます。このように左右でどこからどこまで使うというのが変わっていくのでさっきのケースだとこの始まりの所がこの模型のアップになっている所で放してみます。そうすると、さっきは出ていなかったこの噴水の絵の所まで後ろの方は使われていて頭がこの模型のアップからになっています。このようにして、非常に簡単に他のクリップには影響を与えずにこのクリップも長さを変えないままで内容をずらすことができます。このスリップもキーボード操作で行えます。クリップが選択されている状態でMac では Option+Command キーWindows では Alt+Ctrl キーを押しながらカーソルキーの左右を操作するとこのように今再生ヘッドも動いてないですし見た目は何も動いてないですけど映像が動いていますね。これは選択しているクリップの使われている範囲内容が動いているということです。これももっと大きな単位で一気に動かしたい時にはMac では Option+Command+Shift キーWindows では Alt+Ctrl+ShiftShift を足した形ですね。 そうすると、こちらも5フレーム単位で移動が可能になるのでかなりスピーディーにこのように変えていくことが可能です。こういったスリップの操作や位置自体を変えるスライドの操作はもう編集の最終局面に来て大体大枠は変えたくないんだけどちょっとだけ場所とか内容を変えたい時に微調整するのに非常に便利に使うことができるツールです。是非この使い方を覚えておいてください。

Premiere Pro 編集効率化テクニック

Premiere Proを使った映像編集には、作業を効率化・高速化させるためのさまざまなテクニックが存在します。このコースではキーボードショートカットの活用やそのカスタマイズ、各種情報を表示する設定やクリップのいろいろな編集方法、素材の整理や編集ミスを防ぐための便利な機能などを学ぶことができます。

3時間05分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。