Excel 2010 基本講座

Excel 2010を起動する・終了する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excel 2010 の作業をスムーズに開始・終了するための起動手順と終了手順を解説します。
02:52

字幕

このレッスンでは Excel 2010 の作業を スムーズに開始・終了するための 起動手順と終了手順について解説します。 では Excel を起動する操作から 見ていきましょう。 タスクバー左端のスタートボタンをクリックし スタート画面を表示します。 スタート画面左下の 「すべてのアプリ」をクリックします。 アプリケーションの一覧が表示されますので M の欄の Microsoft Excel 2010 を クリックします。 これで Excel を起動することができました。 Excel を起動すると、タスクバーには Excel が起動中であることを示す アイコンが表示されます。 では次に Excel を終了する 操作を見ていきましょう。 Excel を終了するには Excel の画面 右上の閉じるボタンをクリックします。 これで Excel を 終了することができました。 タスクバーの Excel のアイコンも 非表示となります。 では次に Excel を素早く起動するための アイコンやタイルを タスクバーやスタート画面に ピン留めする操作を見ていきましょう。 まずはスタート画面に タイルを追加してみます。 スタート画面左下の 「すべてのアプリ」をクリックし Microsoft Excel 2010 を右クリックします。 ショートカットメニュー1番上の 「スタート画面にピン留めする」を クリックすると これで、スタート画面に Excel のタイルを 追加することができました。 こうしておくと、追加した Excel のタイルをクリックするだけで 素早く Excel を起動することができます。 タスクバーに Excel を起動する アイコンを追加する方法も見ておきましょう。 スタートボタンをクリックし スタートメニューを表示したら 「すべてのアプリ」をクリックします。 アプリケーションの一覧から Microsoft Excel 2010 を右クリックします。 ショートカットメニュー上から2つ目の 「タスクバーにピン留めする」を クリックすると これでタスクバーに Excel を起動する アイコンを追加することができました。 タスクバーに追加した Excel の アイコンをクリックするだけで Excel を素早く起動することができます。 因みに、タスクバーの Excel の アイコンを右クリックすると 「タスクバーからピン留めを外す」という コマンドが表示されますので こちらをクリックして タスクバーの Excel のアイコンを 非表示にすることができます。 同じようにスタート画面の タイルも右クリックすると 「スタート画面からピン留めを外す」と いうコマンドが表示されますので クリックして非表示にすることができます。 このレッスンでは Excel の起動操作と 終了操作について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。