Excel 2010 基本講座

リボンとクイックアクセスツールバーをカスタマイズする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コマンド実行時に頻繁に使用する「リボン」と「クイックアクセスツールバー」をユーザーの好みに合わせてカスタマイズする手順を解説します。
06:34

字幕

このレッスンではコマンド実行時に使用する リボンとクイックアクセスツールバーを ユーザーの好みに合わせて カスタマイズする方法について解説します。 まずは リボンのカスタマイズから 見ていきましょう。 リボンにはコマンド実行時に使用する ボタンが機能ごとに分類されて 各タブに配置されています。 では これから現在表示されていない タブを1つ表示していきましょう。 表示するタブは「開発」タブです。 今のところ リボン上には 「開発」タブはありません。 では 表示する操作を見ていきましょう。 「ファイル」タブをクリックします。 「オプション」をクリックします。 Excel のオプションの ダイアログボックスが表示されました。 「リボンのユーザー設定」をクリックします。 リボンのユーザー設定画面の右側に 表示されている「メインタブ」の項目の中で チェックが付いている項目が 現在画面上に表示されている項目です。 今のところ、「開発」タブには チェックが付いていません。 では「開発」のチェックボックスを クリックしてチェックを付けます。 下にある OK ボタンをクリックします。 これで「開発」タブを 表示することができました。 この様に Excel のオプションを使って 表示するタブをチェックを付けて 切り替えることができます。 では 非表示にする操作を 見ていきましょう。 「開発」タブを非表示にします。 Excel のオプションのユーザー設定の画面は 先程行ったように「ファイル」タブから 「オプション」を選択して表示する他に いずれかのタブ見出しを右クリックして 「リボンのユーザー設定」をクリックし 素早く表示することもできます。 Excel のオプションのリボンの ユーザー設定画面が表示されました。 では「開発」タブを非表示にしますので 先程チェックを付けた 「開発」のチェックを クリックしてチェックを外します。 OK ボタンをクリックしましょう。 これで「開発」タブを 非表示にすることができました。 この様にリボンのユーザー設定の画面は いずれかのタブ見出しを右クリックして 「リボンのユーザー設定」をクリックして 表示することもできますので 覚えておくと良いでしょう。 では 続いてユーザー独自の タブを1つ作ってみます。 作るタブは「印刷」タブです。 今の所「印刷」タブは リボン上に表示されていません。 では 作成していきましょう。 いずれかのタブ見出しをクリックして 「リボンのユーザー設定」をクリックし リボンのユーザー設定の画面を表示します。 リボンのユーザー設定画面の右下にある 「新しいタブ」のボタンをクリックします。 これで「新しいタブ」という項目が 「メインタブ」に追加されました。 「新しい」タブの名前を 「印刷」タブに変更しますので 追加された「新しいタブ(ユーザー設定)」 の項目を右クリックします。 「名前の変更」をクリックします。 すると 名前の変更の ダイアログボックスが表示されました。 では ここに表示するタブの名前 「印刷」と入力していきます。 「印刷」と入力したら OK ボタンをクリックしましょう。 これでタブの名前を「印刷」に 変更することができました。 では「印刷」タブには ボタンを2つ追加しましょう。 「印刷」タブの下の 「新しいグループ」をクリックします。 左のコマンドの選択の一覧から 「クイック印刷」をクリックします。 真ん中の「追加」ボタンをクリックします。 これで「クイック印刷」のボタンを 「印刷」タブに追加できます。 ではもう1つ、下の方の「印刷プレビュー」と 「印刷」をクリックします。 「追加」ボタンをクリックします。 「印刷プレビュー」と「印刷」の ボタンも追加できました。 OK ボタンをクリックします。 リボンに「印刷」タブが 表示されました。 「印刷」タブをクリックすると 先程追加した「クイック印刷」と 「印刷プレビュー」と「印刷」のボタンを 確認することができます。 この様にユーザー独自のタブを 作成することが可能です。 ちなみにユーザー独自のタブを削除するには いずれかのタブ見出しを右クリックし 「リボンのユーザー設定」をクリックして リボンのユーザー設定の画面を出します。 削除したいタブをクリックで選択します。 今回は「印刷」を クリックで選択しましょう。 真ん中にある「削除」 ボタンをクリックします。 これで「印刷」タブを 削除することができました。 削除できるのはユーザーが 作成したタブです。 予め Word に用意されている 踏み込みのタブは削除することはできません。 削除しようとしても「削除」ボタンが グレーアウトして使えません。 では下にある OK ボタンをクリックして 「印刷」タブが削除されたことを 確認しておきましょう。 では 続いてクイックアクセスツールバーの カスタマイズを見ていきましょう。 タイトルバーの左には 普段 よく使うコマンドを配置することができる クイックアクセスツールバーがあります。 クイックアクセスツールバーの右端の 下向き三角をクリックすると 「クイックアクセスツールバーの ユーザー設定」の一覧が表示されます。 チェックが付いている項目が 現在クイックアクセスツールバーに 表示されているボタンです。 では 上から2つ目の 「開く」をクリックします。 これで「開く」のボタンを クイックアクセスツールバーに 追加することができました。 「開く」のボタンをクリックすると 「素早くファイルを開く」の ダイアログボックスを 表示することができます。 ボタンを非表示にするには 下向き三角をクリックし 先程チェックを付けた 「開く」をクリックすると 「開く」のボタンが非表示となります。 この様に下向き三角を使って チェックを付けて 表示するボタンを選択することができます。 また、「クイックアクセスツールバーの ユーザー設定」の一覧の 一番下にある「リボンの下に表示」 こちらをクリックすると クイックアクセスツールバーを リボンの下に配置しておくことができます。 クイックアクセスツールバーに 沢山のボタンを配置して 作業をするような場合はリボンの下に 配置することで使いやすくなります。 では クイックアクセスツールバーは 元の上の位置に戻しておきますので クイックアクセスツールバーの 下向き三角をクリックして 「リボンの上に表示」をクリックします。 これで元の位置に戻りました。 このレッスンでは リボンと クイックアクセスツールバーを カスタマイズする方法について 解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。