Excel 2010 基本講座

数値や日付/時刻を入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セルに数値や日付/時刻データを入力する手順について解説します。数値、日付/時刻のそれぞれの入力方法を実習します。
07:12

字幕

このレッスンではセルに 数値や日付時刻データを 入力する手順について解説します。 使用するブックは Chapter_2 です。 「データ入力」のシートを アクティブシートにしましょう。 空いているセル範囲を使って 数値データと日付時刻データの 入力手順を見ていきましょう。 まずは数値データの 123 を入力します。 データを入力する セル H9 をクリックして アクティブセルを移動します。 キーボードから数値を入力します。 1 と入力するとカーソルが点滅し 数字の 1 が入力されました。 続けて 2、3 を入力します。 データを確定するには Enter を押します。 ではキーボードの Enter キーを押します。 これでセルに 123 という 数値データを入力することができました。 データを入力し、確定すると アクティブセルが一つ下に下がります。 データを入力したセルを アクティブセルにすると その内容を数式バーでも 確認することができます。 入力したデータを削除するには 削除したいセルを アクティブセルにし キーボードの Delete キーをタイプします。 これでデータを削除することができます。 データを入力する時も データを削除する時も 目的のセルをアクティブセルにするのを 忘れないようにしましょう。 ではデータの入力手順について 少し見ていきましょう。 データを入力する手順は まずデータを入力セルを アクティブセルにする そしてキーボードからデータを入力する そして Enter キーを押して データを確定する という手順で行います。 では次に入力途中に 間違いに気づいた場合の 訂正方法を見ていきましょう。 H9 セルがアクティブセルに なっていることを確認し 123 と入力しようとして 122 と入力してしまいました。 Enter キーを押すまでは カーソルが点滅していますので キーボードの Backspace キーを使って 入力した文字を 一文字ずつ削除できます。 ではキーボードの Backspace キーを押します。 直前に入力した 2 が消えました。 キーボードから 3 を入力し Enter キーで確定します。 これで 123 の 数値データが入力できました。 このように Enter キーを押すまでは Backspace キーを 使って入力した文字を 一文字ずつ削除できます。 では続いて 0.08 といったような 小数点以下の数字を 入力していきましょう。 データを入力するセルを アクティブセルにし キーボードから 0.08 と入力し Enter キーで確定します。 このように小数点以下の 数値も入力することができます。 次に 5% という数値データを 入力していきましょう。 データを入力するセルを アクティブセルにし キーボードから 5% と入力し Enter キーで確定します。 これで 5% の数値データを 入力することができました。 Excel が数値と認識したものは セル内で右寄りで配置されます。 ちなみに文字はセル内で 左寄りで配置されます。 次の 1/2 は後ほど実習しますので 今は置いておきます。 では次に日付時刻データの 入力を見ていきましょう。 セルに 1月2日 と入力していきます。 データを入力するセルを アクティブセルにし キーボードから 1/2 と入力します。 このように月/日を入力することで 自動的に月日という 表示形式が適応されます。 では Enter キーで確定しましょう。 セルには 1 月 2 日と表示されました。 日付を入力したセルを アクティブセルにして 数式バーを見ましょう。 数式バーには 2016/1/2 と 表示されていますね。 このように月/日と入力すると 自動的に現在の年も データに含まれます。 もちろん入力時に年を 指定して入力することもできます。 ではこのサンプルのように 2016 年 1 月 2 日のデータを 入力してみましょう。 データを入力するセルを アクティブセルにし 2016/1/2 と入力し Enter キーで確定します。 すると入力した通りに表示されます。 日付の表示形式は色々とありますが ここではあまり難しく考えないで 日付は / を使って入力するということを 覚えていきましょう。 では次に時刻の入力を 見ていきましょう。 このサンプルのように 3 時のデータを入力します。 データを入力するセルを アクティブセルにし 3: と入力し Enter キーを押します。 するとセルには 3 時の データが表示されました。 データを入力したセルを アクティブセルにすると 数式バーには 3:00:00 と 表示されます。 3: と入力し確定すると 自動的に 0 分 0 秒という データも含まれます。 このように時刻は : を 使って入力しましょう。 もちろん分や秒を 指定することもできます。 ではこのサンプルのように データを入力していきましょう。 データを入力するセルを アクティブセルにし 19:5:20 と入力し Enter キーを押すと 19 時 5 分 20 秒 のデータを 入力することができます。 時刻は : を使って入力しましょう。 では最後に先ほど飛ばした 分数の入力を見ていきましょう。 セルに 1/2 という数値データを入力します。 1/2 と入力すると先ほど見たように 1 月 2 日という日付 データになってしまいます。 そこで分数の入力は 特別な入力方法があります。 データを入力するセルを アクティブセルします。 キーボードからまず 0 を入力し Space キーを押して 一つスペースを入れます。 そのあと 1/2 と入力します。 このように 0 を入力しておき 一つスペースを入力し 分数を入力すると分数の 数値データにすることができます。 では Enter キーで確定します。 セルには 1/2 と表示されました。 数式バーを見ましょう。 数式バーには 0.5 と 表示されています。 1/2 は 0.5 という数値データです。 このように 0 を入力し スペースを入れて そして例えば 1/3 と入れると 1/3 のデータ入力が可能です。 このレッスンでは 数値データと日付時刻データの 入力方法について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。