Excel 2010 基本講座

数式をコピーする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
数式のコピーについて解説します。セル参照を使った数式はオートフィル機能を使って簡単にコピーすることができます。
03:40

字幕

このレッスンでは 数式のコピーについて解説します。 セル参照を使った数式は オートフィル機能を使って 簡単にコピーすることができます。 使用するブックは Chapter_3 です。 「管理表1」のシートを アクティブシートにしましょう。 在庫管理表が作成されています。 B 列には前期の在庫 C 列には今期の仕入れ そして D 列には 今期の売上が入力されています。 では、これから E 列の今期の在庫を 求める数式を作成していきましょう。 1項目目の東店の今期の 在庫を求める数式を入力し その後はコピー操作で 数式を作っていきましょう。 今期の在庫を求める数式はというと 前期の在庫+今期の仕入れ-今期の売上です。 では、東店の今期の売り上げを求める 数式を作成しましょう。 答えを出したいセル E の5のセルをアクティブセルにします。 キーボードから「=」を入力します。 続いて前期の在庫が入力されているセル B の5をクリックして B の5のセルを参照します。 足し算ですから、キーボードから+を入力し 今期の仕入れが入力されているセル C の5のセルをクリックして C の5のセルを参照します。 続いて、引き算ですから キーボードから「-」を入力し 今期の売り上げが入力されているセル D の5のセルをクリックして D の5のセルを参照します。 セルには「=B5+C5-D5」という 数式が入力されました。 では、キーボードの Enter キーを押して 数式を確定しましょう。 セルには計算結果が表示されました。 数式を入力したセルをアクティブセルにし 数式バーで入力した数式を 確認しておきましょう。 では、これ以降の中央店から西店までも 今期の在庫を求める数式の 計算方法は同じです。 前期の在庫+今期の仕入れ-今期の売上 という計算方法は変わりませんので この様な場合にはオートフィル機能を使って 数式をコピーすることができます。 では、数式を入力したセルを元に オートフィル機能を使ってコピーして 数式を作っていきましょう。 元になるセル、E の5のセルを アクティブセルにします。 右下隅のフィルハンドルに マウスポインタをポイントし マウスポインタの形が黒い十字に変化したら 下に向かってドラッグします。 これで数式をコピーして、それぞれの 今期の在庫を求める数式を 作成することができました。 最初に入力した数式の内容はというと B の5+C の5-D の5といったように 5行目のセルを参照しています。 これを1つ下にコピーすると 数式内のセル参照も 1つ下の6行目に変更されていますね。 この様にセル参照を使った数式をコピーすると コピー先のセルを起点として 数式内のセル参照を 自動的に書き換えられます。 よって正しい計算結果を 得ることが出来ます。 このレッスンでは、入力した数式を オートフィル機能を使って コピーする方法について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。