Excel 2010 基本講座

合計を求める(SUM関数)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合計を求める SUM関数について解説します。SUM関数を使うと、長い数式を入力することなく、簡単に合計を求めることができます。
05:30

字幕

このレッスンでは、合計を求める SUM 関数について解説します。 SUM 関数を使うと 長い数式を入力することなく 簡単に合計を求めることができます。 では見ていきましょう。 使用するブックは Chapter_3 です。 「売上表2」のシートを アクティブシートにしましょう。 売上表が作成されています。 では、これから10行目の合計欄に 数量と金額の合計を求めていきましょう。 まずは数量の合計から求めていきます。 答えを出したいセル C の10のセルをアクティブセルにします。 合計は関数を使わずに 足し算で求めることもできますね。 少し見てみましょう。 キーボードから=を入力し C の5のセルをクリックして参照します。 キーボードから+を入力し 続いて C の6をクリックして というように1つ1つのセルを クリックで指定して参照しながら 足し算を使って 合計を求めることもできますが これでは合計したい範囲が たくさんあった時に 1つ1つセルを指定していくのは大変です。 そこで関数を用いると 数式作成時の処理がぐっと楽になります。 合計を求める関数は SUM 関数です。 では、 SUM 関数を使って、数量の 合計を求める操作を見ていきましょう。 答えを出したいセル、C の10のセルが アクティブセルになっていることを確認し キーボードから=を入力します。 Excel では=で始まるデータを 数式として認識します。 続いて関数名を入力します。 今回は合計をしたいわけですから 関数名は SUM となりますので 「SUM」と入力します。 そして ( を入力します。 括弧の中には答えを出すための材料となる 引数を指定します。 今回の引数は数量が入力されている C の5から C の9のセル範囲です。 では、キーボードから C5:C9 と入力してセル範囲を指定するか ( を入力した後にマウスで引数のセル範囲を ドラッグで指定することもできます。 引数を指定したら )をキーボードから入力し Enter キーで確定します。 これで数量の合計を 関数を用いて求めることができました。 セルには計算結果が表示されます。 数式は数式バーで確認しておきましょう。 また SUM 関数は、今 行ったようにキーボードから入力する他に 「ホーム」タブ、「編集」グループの Σ の形をしたボタン オート SUM というボタンを使って 簡単に呼びだすこともできます、 見てみましょう。 今入力した数式は Delete キーを使って削除しておきます。 オート SUM を使うと自動的に =が入力されていますので キーボードから=を入力する 必要はありません。 C の10のセルをアクティブセルにし オート SUM をクリックします。 SUM 関数を使った数式が 自動的に作成されました。 「=SUM」、括弧の中には C の5から C の9というセル範囲が指定されています。 Enter キーを押して 数式を確定します。 これで SUM 関数を使った数式を 簡単に入力することができました。 今回は正しいセル範囲が 引数に指定されましたが 場合によっては、引数が間違っていたり 引数が自動指定されないこともあります。 見てみましょう。 離れているセルに数量の合計を 求める数式を作成してみます。 E の11をアクティブセルにし オート SUM をクリックします。 すると、今度は引数は 自動指定されませんでした。 アクティブセルの上か左に 連続してデータが入力されている場合に 引数が自動指定されます。 今回はアクティブセルの 上や左にはデータは入力されていませんので 引数は自動指定されません。 この様な場合には、 キーボードから引数を入力するか マウスでドラッグして 引数を指定することができます。 C の5から C の9をドラッグします。 引数を指定することができたら キーボードの Enter キーを押して 数式を確定しましょう。 この様に引数が自動的に指定されなかったり 引数が間違っているということも ありますので Enter キーで数式を確定する前には 引数を確認するようにしましょう。 間違っていたり、引数が 自動指定されていない場合には 今、行ったようにマウスでドラッグして 指定することができます。 では、数量の合計の数式を右にコピーし 金額の合計を求めていきましょう。 数量の合計の数式は SUM 関数を使って作成されています。 引数は C 5 から C 9で 相対参照で指定されています。 相対参照で指定されている数式を 右にコピーすると 数式内のセル参照も 1つ右に変更されます。 C の10をアクティブセルにし 右下角のフィルハンドルに マウスポインタをポイントしたら 右に向かってドラッグします。 これで金額の合計を求める数式を 簡単にコピーすることができました。 このレッスンでは、合計を求める SUM 関数について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。