Excel 2010 基本講座

行や列を挿入する・削除する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
行や列の挿入・削除について解説します。作成した表には後から、行や列を簡単に挿入したり、削除したりできます。
04:26

字幕

このレッスンでは、行や列の 挿入と削除について解説します。 また、挿入した行にデータを追加した際の 数式の自動適用機能についても紹介します。 使用するブックは Chapter_5 です。 「売上表2」のシートを アクティブシートにしましょう。 売上表が作成されていて 現在商品の種類は5種類です。 ここに新しい商品を もう1種類追加していきます。 では、行を挿入する操作から 見ていきましょう。 10行目に新しい行を挿入しますので 10行目の行番号を右クリックします。 ショートカットメニューの 「挿入」をクリックします。 これで、新しい行を簡単に 挿入することができました。 挿入した行は、上と同じ 書式が適用されます。 罫線が引かれていますね。 また、後ほどデータを入力すると 単価や数量のセルには 桁区切りスタイルが、すでに 適用されています。 ちなみに行を削除するには 削除したい行番号を右クリックし 「削除」をクリックすると 行を削除することができます。 複数行挿入したり 削除したりすることもできます。 複数行挿入するには 予め挿入したい行を複数行選択します。 いずれかの行番号を右クリックし 「挿入」をクリックすると これで複数行一度に 挿入することができます。 複数行削除するには 削除したい行を複数行選択し 行番号を右クリックして「削除」、これで 複数行一度に削除することができます。 では、もう一度 10行目に新しい 行を挿入しておきましょう。 列の挿入、削除も考え方は同じです。 列番号を右クリックすると ショートカットメニューの中に 「挿入」や「削除」の コマンドが表示されます。 では、新しく挿入した行に データを追加していきましょう。 売上表の金額と構成比の欄には 数式が作成されています。 この表にデータを追加していくと 新しく追加した 10行目に 金額と構成比の数式が 自動的に作成されてきます。 今の所は新しく挿入した10行目の 金額の欄や構成比の欄には 数式は作成されていません。 数式バーで確認しておきましょう。 では、データを追加していきましょう。 商品名は「ケーキセット」 そして単価は「2,000」 次に数量を入力すると 数式の自動適用機能によって 金額と構成比の数式が自動的に 作成されますので見ていきましょう。 では、数量は「1,300」と入力します。 金額と構成比の欄に 数式が自動的に作成されました。 Excel では、予め作成されている表に 後から行を追加してデータを入力すると 連続して同じ形式の数式が 入力されている場合に 自動適用機能によって、この様に 数式が自動的に作成されていきます。 この数式の自動適用機能を 使いたくない、無効にしたいという場合には 設定の変更が可能です、 見てみましょう。 「ファイル」タブをクリックします。 「オプション」をクリックします。 「Excel のオプション」の ダイアログボックスの 「詳細設定」をクリックします。 編集設定の項目の真ん中辺りに 「データ範囲の形式及び数式を拡張する」 というチェックボックスがあります。 初期設定では、チェックが付いていますので 数式の自動適用機能が働きます。 無効にしたい場合には、チェックを外して OK ボタンをクリックしておくと 数式の自動適用機能は働きません。 確認できましたら、今回は 「キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルしておきます。 このレッスンでは 行や列の挿入と削除に加えて 数式の自動適用機能についても 解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。