Excel 2010 基本講座

グラフを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラフの作成について解説します。Excelでは、表のデータを使って簡単にグラフを作成するツールが用意されています。作成したグラフと元の表との間にはリンクが設定されます。
04:41

字幕

このレッスンではグラフを 作成する方法について解説します。 Excel では表のデータを使って 簡単にグラフを作成する ツールが用意されています。 作成したグラフと元の表との間には リンクが設定され 表のデータを変更すると グラフも自動的に更新されます。 では見ていきましょう。 使用するブックは Chapter_6 です。 「調査表1」のシートを アクティブシートにしましょう。 4月から6月までの年代ごとの 来場者数を調査した表が 作成されています。 この表を元に右の作成例のような 縦棒グラフと円グラフを 作成していきましょう。 まずは年代ごとの 来場者数を比較する 集合縦棒グラフを作成しましょう。 表の元のデータを選択します。 4月から6月までの年代ごとの 来場者数のセル範囲 A3 から D9 の範囲を選択します。 「挿入」タブをクリックします。 グラフグループには 様々な種類のグラフを 挿入するためのボタンが 用意されています。 グラフグループ左端の 縦棒のボタンをクリックします。 左一番上の集合縦棒をクリックします。 年代ごとの来場者数を 比較する集合縦棒グラフを 作成することができました。 作成したグラフと元の表との間には リンクが設定されていますので 表の元データを変更すると グラフも自動的に更新されます。 ではデータを変更してみましょう。 6月の50代の来場者数を変更します。 グラフ上で現在の6月の50代の データを見ておきましょう。 では表の6月の50代の データを変更します。 今810となっていますね。 ではこれを500に変更しましょう。 元データを変更すると グラフ上の棒グラフの棒も 短くなりました。 このように表のデータを変更すると グラフも自動的に更新されます。 では変更したデータは810に 戻しておきましょう。 作成したグラフを削除するには グラフ内にマウスポインタをポイントし グラフエリアと表示される ところをクリックします。 これでグラフ全体を 選択することができます。 キーボードの Delete キーを押して グラフを削除することができます。 ではキーボードの Delete キーを押します。 これで作成したグラフを 削除することができました。 グラフを削除する時には 今行ったように グラフエリアをクリックして グラフ全体を選択しましょう。 グラフ内の何かの構成要素を クリックして選択して Delete キーを押すと その構成要素のみの削除と なりますので注意が必要です。 グラフ全体を削除する時には グラフエリアを選択してから Delete キーを 押すようにしましょう。 作成したグラフはグラフエリアを ドラッグすることで 任意の位置に配置することができます。 では縦棒グラフは表の下の方に 移動しておきましょう。 では次に年代ごとの合計来場者の 構成比を表す円グラフを 作成しましょう。 表の元データを選択します。 A3 のセルから A9 までと E3 から E9 のセルを選択します。 このように離れている セル範囲を選択する時には 一カ所目を普通にドラッグし 二カ所目を選択する時に キーボードの Ctrl キーを再度ドラッグします。 これで離れているセル範囲を 同時に選択することができます。 表のデータを選択したら 挿入タブをクリックします。 グラフグループの円の ボタンをクリックします。 3D円をクリックします。 これで年代ごとの 合計来場者の構成比を表す 円グラフを作成することができました。 全体を 100% として 各年代の来場者数の比率が 扇形の大きさで表されています。 このレッスンではグラフを 作成する方法について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。