Excel 2010 基本講座

ページレイアウトの設定を変更する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成した表をバランスよく印刷するために、用紙のサイズや向き、上下左右の余白や中央の配置、縮小印刷など、印刷するページのレイアウト設定について解説します。
04:55

字幕

このレッスンでは印刷をする際の 用紙のサイズ、印刷の向き 縮小印刷や上下左右の余白の変更 印刷するデータを用紙の 中央に配置するなどの ぺージレイアウトの設定について 解説します。 使用するブックは Chapter_8 です。 「調査票」のシートを アクティブシートにしましょう。 作成されている表とグラフを バランスよく印刷するための ページレイアウトの 設定を行っていきましょう。 印刷プレビューを確認します。 「ファイル」タブをクリックし 「印刷」をクリックします。 バックステージビューの右には 印刷プレビュー画面が 左には印刷の設定項目が表示されます。 印刷プレビューの下にはページを切り替える ナビゲーションが表示されています。 右向き三角や左向き三角をクリックして ページを切り替えて確認することができます。 現在の設定では1ページには 収まっていません。 では綺麗に1ページに収めて印刷をするための 設定を行っていきましょう。 左の設定項目に注目します。 まずは用紙のサイズを 確認しましょう。 A4 と表示されていますね。 下向き三角をクリックして リストの中から 印刷する用紙サイズを 指定することができます。 今回は A4 のままで良いですので 「A4」をクリックで選択しておきます。 次に用紙の向きです。 「縦方向」となっています。 下向き三角をクリックして 横方向に変更することができます。 では「横方向」を クリックしましょう。 今回のデータの場合には用紙の向きを 横に使った方がバランスが良さそうです。 横方向にしておきましょう。 用紙の向きを横方向にしましたが ページ切り替えのナビゲーションを見ると 2分の1ページとなっていて、まだ少し 2ページにはみ出してしまっています。 そこでこの様な場合には 縮小印刷をしていくと良いでしょう。 左の設定項目の下の方に 「拡大縮小なし」と 表示されている項目があります。 下向き三角をクリックして 上から2つ目の 「シートを1ページに印刷」を選択すると 印刷するデータを縮小して 1ページに収めることができます。 では「シートを1ページに印刷」 をクリックします。 データが縮小されて 1ページに収まりました。 ページ切り替えのナビゲーションも 1ページ表示になっていますね。 その他にも余白の設定や 印刷するデータを 用紙の中央に配置する設定もありますので 見ていきましょう。 設定項目一番下の 「ページ設定」をクリックします。 「ページ設定」のダイアログボックス が表示されました。 「ページ」タブでは先程の確認した 用紙サイズや印刷の向き 拡大縮小印刷の設定ができます。 「余白」タブをクリックしましょう。 「余白」タブでは余白の設定と ページ中央の設定ができます。 余白はスピンボックスを使って上向き三角や 下向き三角をクリックして指定するか スピンボックス内に 直接数値を入力して指定することができます。 余白の単位はセンチです。 続いてページ中央の設定を見ていきましょう。 初期設定では印刷するデータは 用紙内で左の上に印刷されます。 ページ中央の「水平」にチェックを付けると 水平方向、いわゆる横方向の 中央にデータを配置することができます。 「水平」のチェックを外して 「垂直」にチェックを付けると 垂直方向、いわゆる縦方向の中央に データを配置することができます。 水平、垂直両方ともにチェックを付けると 用紙の真ん中にデータを 印刷することができます。 では今回は「水平」「垂直」両方ともに チェックを付けて OK ボタンをクリックしましょう。 印刷するデータを 中央に配置することができました。 この様にバックステージビューの 印刷画面では印刷プレビューを確認しながら 印刷するページのレイアウトを 設定していくことができます。 また印刷レイアウトの設定は 「ページレイアウト」タブで 行うこともできます、見てみましょう。 「ページレイアウト」タブをクリックします。 ページ設定グループにサイズや印刷の向き 余白を変更するボタンが用意されています。 「ページ設定」グループの ダイアログ起動ツ-ルをクリックすると 「ページ設定」のダイアログボックスを 表示することができます。 先程確認した「ページ」タブや 「余白」タブを使って ページ設定を行うことが可能です。 このレッスンでは作成した表やグラフを バランスよく印刷するための ページレイアウトの設定について 解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。