Excel 2010 基本講座

印刷する範囲を指定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷範囲の設定について解説します。ワークシート内の指定した範囲のみ印刷の対象として設定することができます。特定の範囲を頻繁に印刷する場合におすすめの機能です。
03:16

字幕

このレッスンでは印刷範囲の設定 について解説します。 ワークシート内の指定した範囲のみを 印刷の対象として設定することができます。 使用するブックは Chapter_8 です。 「請求書」のシートを アクティブシートにしましょう。 この請求書を印刷する時に、右にある 商品一覧表は印刷する必要はありません。 この様な場合には印刷範囲を 設定しておくと良いでしょう。 印刷範囲に設定したいセル範囲を ドラッグで選択します。 「ページレイアウト」タブの 「ページ設定」グループ 「印刷範囲」のボタンをクリックします。 「印刷範囲の設定」 をクリックします。 これで選択した範囲を 印刷範囲に設定することができました。 印刷範囲を設定すると 名前ボックスの下向き三角をクリックした時に 「プリントエリア」と表示されます。 この「プリントエリア」をクリックすると 印刷範囲に設定されている セル範囲を選択することができます。 印刷プレビューを確認しておきましょう。 「ファイル」タブをクリックして 「印刷」をクリックします。 印刷プレビューには 請求書のみが表示されました。 右に作成されていた 商品一覧表は印刷されません。 印刷範囲を解除するには アクティブセルはどこにあっても構いません。 「ページレイアウト」タブをクリックして 「ページ設定」グループの 「印刷範囲」のボタンをクリックします。 「印刷範囲のクリア」をクリックします。 これで印刷範囲を解除することができました。 印刷範囲を解除しましたので 名前ボックスの下向き三角をクリックしても プリントエリアは表示されません。 印刷プレビューを確認しておきましょう。 「ファイル」タブをクリックして 「印刷」をクリックします。 印刷プレビュー上には 商品一覧表も表示されています。 印刷範囲をクリアしましたので ワークシート上の すべてのデータが印刷の対象 となりました。 また印刷範囲を設定しておくほどでもない ちょっとした部分印刷をしたい時には 印刷を実行する時に 部分印刷が可能です、見てみましょう。 印刷したいセル範囲を 予め選択しておきます。 「ファイル」タブをクリックして 「印刷」をクリックします。 印刷の設定項目の一番上 初期設定では 「作業中のシートを印刷」 となっていて ワークシート上のすべてのデータが 印刷の対象です。 下向き三角をクリックして 「選択した部分を印刷」をクリックすると 先程ワークシート上で選択している部分だけが 印刷の対象となります。 この様に印刷を実行する時に 印刷する対象を指定することができますので 覚えておくと良いでしょう。 初期設定では「作業中のシートを印刷」 が選択されています。 このレッスンでは印刷範囲の設定と 部分印刷について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。