Excel 2010 基本講座

ワークシートの編集を制限してデータを保護する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シートの保護について解説します。ワークシートの情報を変更されないように制限できます。部分的に編集を許可することも可能です。情報の改ざんや消去などを防ぐことができます。
04:02

字幕

このレッスンでは、ワークシートの 保護について解説します。 ワークシートの情報を 変更されないように制限できます。 使用するブックは Chapter_9 です。 請求書が作成されています。 このワークシートを使って シートを保護する操作を見ていきましょう。 まずは、作成されている請求書が どのようなものか見ておきます。 この請求書は、商品コードと 数量を入力すると それ以外の欄には 数式が作成されていますので 最終的な請求金額まで 出るようになっています。 この様な請求書を扱っている時に 誤って数式を削除してしまったり 変更してしまっては困ります。 そこで、ワークシートを保護することで 情報の改ざんや消去等を防ぐことができます。 但しこのままシートを保護すると データの変更が必要な商品コードと 数量の欄も保護されてしまい データを変更することはできません。 そこで、シートを保護する手順は まずデータの変更を可能にしたい セルのロックを解除します。 そしてシートを保護します。 こうすることで ロックを解除したセルは シートを保護した後も データの変更が可能になります。 では、データを変更したいセル範囲の ロックを解除する方法から見ていきましょう。 ロックを解除したいセル範囲を 選択します。 今回、データの変更が必要なのは 商品コードと数量のセル範囲です。 ロックを解除したいセル範囲を選択したら 「ホーム」タブ>「セル」グループ> 「書式」ボタンをクリックします。 「セルの書式設定」をクリックします。 「セルの書式設定」の 「保護」タブが表示されました。 「ロック」にチェックが付いていますね。 では、ロックのチェックボックスを クリックしてチェックを外します。 これで、選択した範囲の ロックを解除することができます。 OK ボタンをクリックしましょう。 では、続いてシートを保護します。 シートを保護する時には アクティブセルはどこにあっても構いません。 「ホーム」タブ>「セル」グループ> 「書式」ボタンをクリックして 「シートの保護」をクリックします。 シートの保護の ダイアログボックスが表示されました。 パスワードを設定しておくこともできます。 パスワードを設定しておくと シートの保護を解除する際に パスワードの入力が求められます。 では、今回はパスワードは設定せずに OK ボタンをクリックします。 これでシートを保護することができました。 では、シートが保護されていることを 確認していきましょう。 数式の入力されているセルを アクティブセルにし キーボードの Backspace キーや Delete キー、その他のキーをタイプすると シートが保護されているという内容の メッセージが表示されて 編集はできません。 OK ボタンをクリックします。 ロックを解除したセルは 編集が可能です。見てみましょう。 商品コードの欄に アクティブセルを移動します。 キーボードから商品コードを入力します。 数量の欄にアクティブセルを’移動し 数量を入力します。 この様に、商品コードと 数量の欄はロックを外しましたので 保護をした後も編集が可能です。 ちなみに保護を解除するには アクティブセルはどこにあっても構いません。 「ホーム」タブ>「セル」グループ> 「書式」ボタンをクリックして 「シート保護の解除」をクリックします。 これで保護を解除することができました。 このレッスンでは、ワークシートを 保護する方法について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。