Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

オブジェクト式の読み方

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実際にExcelで使用されるオブジェクト式を例に、オブジェクト式の読み方を解説します。
講師:
07:44

字幕

このレッスンではオブジェクト式の読み方を解説します。先ず簡単にオブジェクト式についておさらいしておきましょう。オブジェクト式とは Excel に対して何か操作を行う様な書き方です。オブジェクト式は大きく分けて 2 つのパターンがあります。ここでは仮に A のパターンB のパターンと呼ぶことにしましょう。A のパターンは対象.様子=値等の様に書いて操作の対象の様子や状態を設定したり調べたりします。B のパターンは対象.命令と書きます。こちらは何らかのアクションを伴う様なそういう書き方です。例えば「田中.走れ」等の様に。この命令に関してはどの様に行うのかという補足事項を後ろに指定する場合があります。例えば「田中.走れ 目的地:=駅」の様にこうしたオブジェクト式には幾つかの特徴やルールがあります。最も重要なのは対象、つまりオブジェクトは階層構造になっているんだということです。Excel は様々な階層構造が複雑に絡み合ったアプリケーションです。その中で我々が最もよく使う階層構造はブック、シート、セルこの階層構造を最もよく使います。この最もよく使う階層構造には特例が認められています。このブック、シート、セルに限っては階層構造を省略することが許されています。 もし階層構造を省略してただセル A1 とだけ指定するとこれはアクティブシートのセル A1 を表します。また、対象はいきなり名前で呼ぶのではなくそれが属しているコレクションの 1 員として呼ばなければいけないという決まりがあります。但し、ここにも例外があります。セルを指し示す Range又は Cells 等は例外でこのコレクションで呼ぶに当てはまりません。では実際に VBA で使われるオブジェクト式を見てみましょう。チャプター 2 のレコード xlsm を開いてください。何もデータが入力されていない真っさらなブックです。このブックを使ってマクロ記録をしてみます。先ず、どんな操作をするのかご紹介します。アクティブシートが Sheet1 の状態でマクロ記録を開始します。そして Sheet2 のシート見出しをダブルクリックします。実行するとアクティブシートがSheet2 に切り替わると同時にSheet2 の名前を変更できる様になりますね。そこでS heet2の名前を「test」に変更します。ここまでをマクロ記録してみましょう。では、やってみます。先ず開発タブをクリックしてマクロの記録ボタンをクリックします。 実行するとマクロの記録ダイアログボックスが表示されます。マクロの保存先として作業中のブックが選択されているのを確認してください。OK ボタンをクリックするとこれ以降の操作がVBA のコードとして記録されます。では、やってみましょう。先ずSheet2 と書かれているところをダブルクリックします。名前が反転しますので、ここでtest と入力して Enter キーを打ちます。ここまでです。マクロ記録を終了するには記録終了ボタンを押します。今、記録したコードを見てみましょう。VBE を起動するため Visual Basicと書かれたボタンをクリックします。今、マクロ記録をしたのでこのブックには自動的に標準モジュールが挿入されました。標準モジュールのモジュール 1 をダブルクリックすると今、行った操作が VBA のコードとして記録されています。これを読んでみましょう。先ず考えることは A のパターンかB のパターンか、どちらかということです。1 行目を見ると = 何々というのがありませんね。従って 1 行目は必然的にの B パターンだということになります。マクロ記録をした場合A のパターンであれば必ず= 何々と付くからです。 この様に何々ピリオド、何々ピリオド最低 1 つピリオドが付いた場合右から注目します。先ず右端の Select を考えます。つまり、何かをセレクトしろと言っているんだな次に、何をセレクトしろと言っているのか今度は左側を見ます。ワークシートつまり Sheet の集合体である Sheets の中のSheet2 という名前のものをセレクトしろ、選択しろ、と言っている。そういうコードだということが分かります。2 行目を見てみましょう。今度は = 何々というのが付いていますね。必然的に、これは A のパターンであるというのが分かります。つまり何かの様子や状態を変更しているんだこういう時も右から見ます。先ず test という文字を何かに投げ入れているんだ代入しているんだと考えます。そしてイコール記号の左側を読みます。この時も右端の単語に注目です。ここでは必ず右端にプロパティがくるからです。この場合 Name プロパティ何かの Name プロパティにtest という文字を代入しているんだということが分かります。では何の Name プロパティなのか先ほどと同じ様に左側に注目します。Sheet が集まった Sheets の中でSheet2 という名前のワークシートその Name プロパティに test という文字を代入しているつまり Sheet2 の名前を変更しているんだ。 この様に読み解くことができます。オブジェクト式の基本的なルールや構造を理解するとこの様に書いてあるコードを読み解くことができます。勿論意味の分からない単語が出てくる時もあるでしょう。そういう時はヘルプ等で調べてください。このレッスンではオブジェクト式の読み方について解説しました。

Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

マクロの自動記録の機能は便利ですが、VBA (Visual Basic for Applications)を使って自分でマクロを作れるようになるには基礎から学習するしかありません。このコースではVBAの概念とその基礎知識から、実務において実際に役立つマクロの作成の仕方まで順を追って解説します。

2時間19分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。