Excel 2010 基本講座

リストをテーブルに変換して活用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
リストをテーブルに変換してデータベース機能を活用する方法について解説します。表のセル範囲をテーブルに変換することで、データの書式設定やデータベース機能を簡単に使用することができます。
06:07

字幕

このレッスンではリストをテーブルに変換して データベース機能を活用する方法について 解説します。 表のセル範囲をテーブルに変換することで データベース機能がより使いやすくなります。 では観ていきましょう。 使用するブックは Chapter_12 です。 四半期のシートを アクティブシートにしましょう。 四半期の売上リストが作成されています。 ではこのリストをテーブルに変換する 操作から見ていきましょう。 リスト内の任意のセルを アクティブセルにします。 「挿入」タブをクリックします。 「テーブル」グループの 「テーブル」ボタンをクリックします。 「テーブルの作成」の ダイアログボックスが表示され、 リストのセル範囲が自動認識されています。 OK ボタンをクリックすると テーブルに変換することができます。 では OK ボタンをクリックします。 これでリストをテーブルに 変換することができました。 テーブル内にアクティブセルを移動すると 「コンテクスト」タブの 「テーブルツール」の 「デザイン」タブが表示されます。 この「デザイン」タブを使って テーブルを編集することができます。 ではリストをテーブルに変換すると どのような利点があるか見ていきましょう。 「デザイン」タブのスタイルギャラリーには 書式を組み合わせたスタイルが 予め用意されていますので グラフィカルな書式設定を クリック操作で 簡単に適用することができます。 またテーブルを下にスクロールした時に 列番号にフィールド名が表示されますので それぞれのフィールドが何の項目であるか 把握しやすくなっています。 またフィールド名には 「フィルター」ボタンが 自動的に表示されますので 「フィルター」ボタンをクリックして 並べ替えや抽出を 簡単に実行することができます。 また「デザイン」タブの 「テーブル」スタイルの 「オプション」グループの 「集計行」にチェックを付けると テーブルに集計行を追加することができます。 今はテーブルの最終行に 特に集計行は表示されていません。 では集計行にチェックを付けます。 するとこのようにテーブルの最終行に 集計行が追加されました。 集計結果が表示されているセルを アクティブセルにすると 右に下向き三角が表示されますので 下向き三角をクリックして 計算方法を変更することもできます。 また集計行であれば他のフィールドにも アクティブセルを移動すると 下向き三角が表示されますので、 下向き三角をクリックして 集計を追加することができます。 追加した集計は下向き三角をクリックして 「なし」をクリックすると 非表示にすることができます。 このようにリストをテーブルに変換することで 幾つかの利点があります。 また通常のリストと同じように 「データ」タブの「並べ替えとフィルタ」 グループの各ボタンを使って 並べ替えや抽出を行うこともできます。 並べ替えボタンをクリックすると 複数のフィールドを基準に 並べ替えを実行することができます。 ただし「データ」タブ 「アウトライングループ」の 「小計」ボタンは 今グレーアウトして使えませんので 自動集計は実行できません。 自動集計を実行したい時には テーブルに変換する前の 通常のセル範囲のリストを 使うようにしましょう。 では次にテーブルを解除して 通常のセル範囲のリストに戻す 操作を見ていきましょう。 テーブル内の任意のセルを アクティブセルにします。 「テーブルツール」の「デザイン」タブを クリックします。 「ツール」グループの 「範囲に変換」ボタンをクリックします。 「テーブルを標準の範囲に変換しますか」 というメッセージが表示されます。 範囲をクリックしてテーブルを解除し 通常のセル範囲のリストに 戻すことができました。 先程まで表示されていたテーブルツールの 「デザイン」タブは非表示となります。 通常のセル範囲に戻ったということです。 このようにテーブルを解除しても テーブル状態の時に設定したスタイルや 集計行は自動的には解除されません。 テーブルのスタイルや 集計行を解除したい場合には テーブル状態のときに処理が必要です。 ではスタイルや集計行を解除する 操作を見ていきますので 「元に戻す」ボタンをクリックして テーブル状態に戻します。 これでテーブル状態に戻りました。 「テーブルツール」の「デザイン」タブが 表示されていますね。 では「テーブル」スタイルの解除と 集計行の解除を見ていきましょう。 「デザイン」タブをクリックします。 「テーブル」スタイルの 下向き三角をクリックして 一番下の「クリア」をクリックします。 これで「テーブル」スタイルを 解除することができます。 続けて「テーブル」スタイルの 「オプション」グループの 集計行のチェックを外します。 これで集計行も解除することができました。 ではテーブルを解除して 通常のセル範囲のリストに戻していきますので 「範囲に変換」ボタンをクリックし メッセージが表示されます。 「はい」をクリックして これでテーブルを解除し 通常のセル範囲のリストに 戻すことができました。 このレッスンではリストをテーブルに変換して データベース機能を活用する方法について 解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。