Excel 2010 基本講座

ピボットテーブルについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルとは何か、その仕組みについて解説します。表のデータを多角的な視点で分析するにはピボットテーブルを活用すると効果的です。
02:52

字幕

このレッスンでは ピボットテーブルとは何か その仕組みについて学習します。 表のデータを多角的な視点で分析するには ピボットテーブルを 活用すると効果的です。 では見ていきましょう。 使用するブックは pivot table_after.xlsx です このブックには ピボットテーブルが作成されています。 ではこれからピボットテーブルとは何か 見ていきましょう。 「売上一覧」のシートを アクティブシートにしましょう。 ここには 売上一覧のリストが作成されています。 日付・商品名・担当者 というフィールドが作成されていて それぞれの売上の データが入力されています。 このようなリストを元に ピボットテーブルを作成することができます。 ではこのリストを元に 作成したピボットテーブルが Sheet 1にありますので、 Sheet 1をアクティブシートに切り替えて ピボットテーブルを見ていきましょう。 作成されているピボットテーブルは 商品ごと各月毎のクロス集計表です。 ピボットテーブルは 単純なクロス集計表ではありません。 少し手を加えるだけで、 担当者毎に絞りこんでデータを分析したり レイアウトを簡単に変えることもできます。 今ピボットテーブルのレイアウトは 商品毎・月毎となっていますが これを担当者毎に切り替えてみます。 このようにちょっとした操作で 担当者毎の月毎のクロス集計表に 簡単に切り替えることができました。 またグループ化している データを展開して 詳細データを確認することなども可能です。 このようにピボットテーブルは 多角的な視点でデータを分析することができる 高機能なクロス集計表です。 またピボットテーブルを元に ピボットグラフを作成すると、 ピボットテーブルの多角的な分析機能と グラフの視覚効果を組み合わせて データをより 分かりやすく見せることができます。 また、元のリストが変更されると ピボットテーブルを 更新することができますので 最新の状態で データを分析することができます。 このレッスンでは ピボットテーブルとは何か その仕組みについて学習しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。