Excel 2010 基本講座

ピボットテーブルを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルの作成手順について解説します。データベースのリストを基にピボットテーブルを作成し、分析する用途に応じて必要なフィールドをピボットテーブルのレイアウトに配置します。
05:19

字幕

このレッスンでは、ピボットテーブルの作成の手順について解説します。リストをもとにピボットテーブルを作成し分析する用途に応じて必要なフィールドをピボットテーブルのレイアウトに配置します。では、見ていきましょう。使用するブックはpivot table_1 です。「売上一覧」のシートにはリストが作成されています。「日付」「商品名」「担当者」というフィールドが作成されていてそれぞれの売上のデータが入力されています。では、これからこのリストをもとにデータを分析するためのピボットテーブルを作成しましょう。リスト内の任意のセルをアクティブセルにします。「挿入」タブをクリックします。「テーブル」グループの「ピボットテーブルの挿入」ボタンをクリックします。「ピボットテーブルの作成」のダイアログボックスが表示されました。まずは、分析するデータを選択します。「テーブルまたは範囲を選択」が選ばれていることを確認しましょう。リスト内をアクティブセルにしピボットテーブルを作成するとリストのセル範囲が自動的に認識されます。「テーブル / 範囲」に「売上一覧」のリストの範囲が指定されていることを確認しておきましょう。続いて「ピボットテーブルレポートを配置する場所を選択してください」とあります。 今回は、新規ワークシートにピボットテーブルを作成しますので「新規ワークシート」が選択されていることを確認します。下にある OK ボタンをクリックします。これで、新しいワークシートのSheet1 が挿入されてピボットテーブルを作成するための領域が表示されました。また、右には「ピボットテーブルのフィールドリスト」の作業ウィンドウが表示されます。フィールドリスト内には「日付」から「担当者」までもとの「売上一覧」のリストのそれぞれのフィールドを指定するための項目が表示されます。このフィールドリストを使ってどのフィールドをピボットテーブルのどこに配置するかを決めていきます。フィールドを選択する領域を「フィールドセレクション」と言いピボットテーブルのレイアウトを指定する領域を「レイアウトセレクション」と言います。例えば、商品名のフィールドをピボットテーブルの行ラベルにしたい時にはフィールドセレクションの「商品名」にマウスポインターをポイントしレイアウトセレクションの「行ラベル」までドラッグします。これで商品名をピボットテーブルの行ラベルに指定することができました。ピボットテーブルに指定したフィールドを解除するにはレイアウトセレクションの「行ラベル」内に配置された「商品名」のフィールドボタンにマウスポインターをポイントしレイアウトセレクション以外にドラッグします。 これで解除することができます。また、ドラッグして解除するほかにフィールドセレクションのチェックボックスのチェックを外して解除をしたりレイアウトセレクションのフィールドの右に表示される下向き三角をクリックして「フィールドの削除」をクリックして解除することもできます。では、これからいつ、何が、いくら売れたかを分析するピボットテーブルを作成しましょう。まずは「日付」のフィールドを「列ラベル」に配置します。これで、ピボットテーブルの列ラベルには日付のフィールドが配置されました。続けて「商品名」を「行ラベル」に配置しましょう。行ラベルに商品名が配置されました。続いて、分析するデータです。今回、分析するデータは金額ですので「金額」のフィールドを「値」エリアに配置します。これで、いつ、どの商品が、どれくらい売れたかを分析するピボットテーブルを作成することができました。この様にピボットテーブルのフィールドリストを使ってドラッグ操作でどのフィールドをどこに配置するかを簡単に決めることができます。ピボットテーブルのフィールドリストはピボットテーブル内にアクティブセルがある時に表示されます。ピボットテーブル以外がアクティブセルになるとフィールドリストは表示されませんので注意をしましょう。 また、ピボットテーブルのフィールドリストの右上には閉じるボタンが用意されています。この閉じるボタンをクリックしてフィールドリストを閉じると次からは自動的には表示されません。再表示するにはピボットテーブル内にアクティブセルがあると「ピボットテーブルツール」の「オプション」タブが表示されます。この「オプション」タブの「表示」グループの「フィールドリスト」のボタンをクリックするとフィールドリストを再表示することができますので覚えておくとよいでしょう。このレッスンでは、ピボットテーブルの作成手順について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。