Excel 2010 基本講座

入力するデータをリストから選択できるようにする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
入力するデータをリストから簡単に選択できるようにする機能について解説します。入力を支援する機能としておすすめの機能です。
03:48

字幕

このレッスンでは、入力規則を設定し 入力するデータを リストから簡単に選択できるようにする 方法について解説します。 使用するブックは Chapet_15 です。 請求書が作成されています。 この請求書は製品コードを入力すると 商品名と単価の欄には 数式が作成されていますので 右の一覧表を参照し 商品名と単価が自動的に表示されます。 商品コードは通常キーボードから 入力しますが 入力規則を設定しておくと キーボードから入力することなく リストから選択できるようになります。 では、商品コードの欄にリストから選択する 入力規則を設定してみましょう。 入力規則を設定したいセル範囲を 選択します。 A12 から A19 を選択しましょう。 データタブをクリックします。 データツールグループの「データの 入力規則」のボタンをクリックします。 データの入力規則のダイアログボックスが 表示されました。 設定タブをクリックで選択します。 入力値の種類が「全ての値」となっていて 今は特に入力規則は設定されていません。 下向き三角をクリックして リストをクリックで選択しましょう。 すると、「基の値」というボックスが 表示されます。 基の値のボックスに リスト内に表示したいデータを カンマで区切りながら入力していくか ワークシート上にリストにしたいデータが 入力される場合には そのセル範囲をドラッグで選択し 指定することができます。 では、今回は、G12 から G16 のセル範囲を ドラッグして基の値に指定しましょう。 OK ボタンをクリックします。 これで選択している範囲に 入力規則を設定することができました。 商品コードの欄がアクティブセルになると セルの下に下向き三角が表示されます。 下向き三角をクリックすると リストが表示されますので クリック操作で簡単に商品コードを 指定することができます。 また、入力規則を設定している範囲には 規則に合わないデータは入力できません。 今、A 列の商品コードには G 列の商品コードに入力されているデータを リストから選択するという 入力規則が設定されているので G 列の商品コードの欄に無いデータは 入力できません。 例えば、A 列の商品コードの欄に 「6」と入力しようとすると エラーメッセージが表示されます。 「キャンセル」ボタンをクリックします。 G列の商品コードには「6」という 値は無いからです。 このように入力規則を設定しておくと 規則に合わないデータは 入力できなくなります。 ちなみに、入力規則を解除するには 解除したいセル範囲を選択します。 「データの入力規則」のボタンをクリックし データの入力規則のダイアログボックスの 設定タブをクリックします。 入力値の種類を下向き三角をクリックし 「全ての値」をクリックすることで 解除することができます。 また、このダイアログボックスの左下の 「全てクリア」というボタンを使って 選択した範囲に入力されている入力規則を すべて解除することもできます。 このレッスンでは、入力規則を設定して データをリストから簡単に選択できるにする 方法について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。