Excel 2010 基本講座

クイックアクセスツールバーにマクロ実行ボタンを登録する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マクロを実行するボタンを作成する方法について解説します。記録したマクロをクイックアクセスツールバーに登録するとボタンをクリックするだけで簡単にマクロを実行できます。
04:03

字幕

このレッスンでは、マクロを実行する ボタンを作成する方法について解説します。 記録したマクロを実行するボタンを クイックアクセスツールバーに登録すると ボタンをクリックするだけで 簡単にマクロを実行することができます。 使用するブックは Chapter_16_2 です。 このブックにはマクロが含まれていて マクロ有効ブックとして保存されています。 では記録されている マクロを確認しておきましょう。 「表示」タブをクリックします。 「マクロ」グループの 「マクロの表示」ボタンをクリックします。 「マクロ」の ダイアログボックスが表示されました。 「データ消去」という マクロが記録されていますね。 この「データ消去」のマクロは 請求書のデータをクリアするために 作成されているマクロです。 ではキャンセルボタンをクリックして ダイアログボックスは閉じておきましょう。 今確認したデータ消去の マクロを実行するために クイックアクセスツールバーに ボタンを登録しておきます。 そうするとクイックアクスツールバーの ボタンをクリックするだけで マクロを実行することができ、 作業効率がアップします。 ではクイックアクセスツールバーに マクロを実行するボタンを 登録する操作を見ていきましょう。 「ファイル」タブをクリックします。 左のメニューから 「オプション」をクリックします。 Excel のオプションの ダイアログボックスが表示されました。 「クイックアクセスツールバー」を クリックします。 右に表示されているのが 現在のクイックアクセスツールバー上の ボタンです。 ではマクロを実行するボタンを 登録しますので 「コマンドの選択」の 下向き三角をクリックして 「マクロ」をクリックで選択します。 「データ消去」のマクロが見えてきました。 「データ消去」をクリックで選択し 真ん中の「追加」ボタンを クリックします。 これでデータ消去の マクロを実行するボタンを クイックアクセスツールバーに 配置することができます。 ボタンのアイコンも変更することができます。 「データ消去」をクリックで選択し 下にある「変更」ボタンを クリックしましょう。 「ボタンの変更」の ダイアログボックスが表示されました。 今は左上の「アイコン」が選択されています。 ではデータ消去ということですので 消しゴムの形をしたボタンに変更してみます。 消しゴムの形のボタンをクリックして OK ボタンをクリックします。 これでボタンのアイコンも 変更することができます。 では下にあります OK ボタンをクリックして 結果を確認していきましょう。 クイックアクセスツールバーに 「データ消去」のボタンが登録されました。 このボタンをクリックするだけで 請求書のデータを簡単にクリアするための マクロを実行することができます。 ではクイックアクセスツールバーの 「データ消去」のボタンをクリックします。 データ消去のマクロが実行されて 請求書のデータがクリアされました。 ちなみに クイックアクセスツールバーに登録した マクロを実行するボタンを削除するには 先程の「オプション」の ダイアログボックスから 削除をすることもできますが、 登録したボタンそのものを右クリックして クイックアクセスツールバーから 削除をクリックすることで 簡単に削除することもできます。 クイックアクセスツールバーから マクロを実行する ボタンを削除しましたが、 マクロそのものは削除されません。 確認しておきましょう。 「マクロ」の表示ボタンをクリックします。 「マクロ」のダイアログボックスが 表示されました。 「データ消去」のマクロは ちゃんと残っていますね。 もしマクロそのものを削除するのであれば このマクロのダイアログボックス内で 削除したいマクロをクリックで選択し 右にある「削除」ボタンをクリックすると マクロそのものを削除することができます。 このレッスンでは、 マクロを実行するボタンを クイックアクセスツールバーに 登録する方法について解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。