Excel 2010 基本講座

メールに添付してブックを送信する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
メールに添付してExcelブックを送信する操作について解説します。PDFファイルに変換して添付送信することも可能です。使用中のパソコンにインストールされている既定のメーラーが自動起動されます。
02:15

字幕

このレッスンでは Excel のブックをメールに添付して 送信する方法について解説します。 このレッスンの操作では 使用中のコンピューターに インストールされている既定のメーラーが 自動起動されます。 Excel でブックが作成されています。 では、このブックをメールに添付して 送信する操作を見ていきましょう。 「ファイル」タブをクリックします。 左のメニューから 「保存と送信」をクリックします。 「電子メールで送信」をクリックで選択し 「電子メールで送信」欄の一番上の 「添付ファイルとして送信」ボタンを使うと 作業中のブックをメールに添付して 送信することができます。 ちなみに真ん中にある 「PDF として送信」ボタンを使うと 作業中のブックを PDF ファイルに変換して 送信することも可能です。 では、今回は一番上の 「添付ファイルとして送信」ボタンを クリックします。 すると、既定のメーラーが自動起動し メッセージの作成ウィンドウが表示されます。 「添付ファイル」の欄には 作業中のブックが添付されています。 では、宛先から指定していきましょう。 「宛先」のボックスに メールの宛先を入力します。 続いて、件名を確認しましょう。 「件名」の欄には ブック名が表示されています。 このままでも良いのですが 分かりやすいように 今回は「調査票の送付」としておきます。 続いて、メッセージ本文を入力します。 メッセージ本文内に クリックでカーソルを移動し メッセージを入力します。 宛先、件名、 メッセージ本文を入力しました。 「添付ファイル」の欄には 作業中のブックが添付されています。 では、「送信」ボタンをクリックして メッセージを送信します。 これで、作業中のブックを メールに添付して送信することができました。 このレッスンでは、 Excel のブックをメールに添付して 送信する方法について 解説しました。

Excel 2010 基本講座

Excelには多くの機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel2010の豊富な機能を基本から解説します。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて解説します。

7時間11分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年09月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。