React.js入門

Node.jsをインストールする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ローカルサーバーを立てるために必要な環境として、Node.jsのインストールについてご説明します。
講師:
04:40

字幕

このレッスンではローカルサーバーをたてるために必要な環境としてNodo. js のインストールについてご説明をします。React で例えば json 5 のやりとりをするといった場合単純にローカルからSTM を立ち上げるとということではエラーになってしまいます。その場合にはローカルサーバーを立ち上げてそこにファイルを置くということが必要になります。ローカルサーバーの立て方は色々あってどれを取っても結構なんですけれども多くの場合Node.js が必要になります。サーバーの立て方が分からないという初心者の方は簡単なのは、React の方でTutorial のファイルが提供されています。Tutorial は Get Started ですね。そして Tutorialここに英語で書いてあるんですがTutorial については、日本語の翻訳があります。このファイル名の後に-ja- 大文字で JP とすると日本語で表示されるんですが特にこの説明は読みません。ファイルはここにありますのでGitHub に移ります。これが Tutorial のファイルです。その中で、サーバーをたてるために必要なのはserver.jsこれが JavaScript のファイルですね。 あと pacakge.jsonこれらを使うためにも、やはりNode.js が必要になりますのでNode.js をインストールしましょう。Node.js のページなんですがnodejs.org/en になっていますがnodjs.org だけでこの /en のページが表示されます。あるいはnode.js という風に打って頂ければ検索のかなり上の方にひっかかります。日本ユーザーグループが一番上になっていますね。こちらですね。さて、トップページにDownload のボタンがあります。バージョンが二つあるんですけれども勿論、数字の大きい方が新しいバージョンです。練習で使う分にはどちらでもかまいません。先程の Tutorial のファイルを使う分にはどちらでもかまいませんけれどもただ Recommended for most users「多くのユーザーにはこちらをお勧めします」と書いてあります。そして、バージョンの横にLTS と書いてあるんですがこれは、Long Time Support長期間のサポートを予定していますということになっているので、その分安定性があるんですね。どちらでも結構なんですが、こちらを勧めているという事ですのでこちらをダウンロードしておきます。 ダウンロードがされたようです。ダウンロードのフォルダの中にこの node-v4.5.0パッケージですね。がありますので、それを後でインストールしても結構ですが今ここでクリックすればこの場でインストールできますのでここでは、この場でインストールしてしまいます。基本的にはデフォルトでどんどん続けて頂ければ結構です。当然、使用許諾は同意しなければいけません。そして、インストールですね。パスワードを求められますので管理者のパスワードを入れます。インストールはそれほど時間がかかりません。閉じましょう。Nodo.js の中で、具体的に使うのはNodo Package ManagerNPM と呼ばれるパッケージ管理ツールです。使い方はというとCommand Line Toolというものを使ってコマンドを打ち込みます。OS10 の場合には「ユーティリティ」という中に「ターミナル」というのが入っています。これを使います。Windows の場合にはNodo.js command promptというツールがNodo.js と共にインストールされますのでそれをお使い頂いても結構です。あるいは Command Line Tool がいくつか用意されているようですのでお好きなものをお選びください。 いずれにしてもこういう愛嬌のない画面にコマンドを打ち込んでいく、という形になります。今回は、インストールされたかどうか確認するだけなんですけれども今回使うコマンドというのはnodo --version「Node のバージョンはいくつですか」ということを聞いています。そして Enter キーを押しますと先程「4.5.0」をインストールしましたのでそのバージョンが出てくれば結構です。このレッスンではローカルサーバーを立てるために必要なる環境としてNodo.js のインストールについてご説明をしました。

React.js入門

React.jsはFacebookが開発したJavaScriptライブラリです。このコースではReact.jsで定めた要素をHTMLドキュメントに差し込むことから始まり、JSONファイルから複数のデータを読み込んでリストを作ったり、サーバーとデータをやり取りするなど段階を踏みながらひとつのWebアプリを作りあげます。

2時間21分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。