VR動画編集入門

VRビデオとは?

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
固定されたアングルだけではなく、ユーザーが任意の操作で変更した視点で閲覧することのできるVRビデオについての概要を解説します。
講師:
03:13

字幕

このレッスンでは VR 動画の概要について解説します。私たちが、例えばパソコンであったりとかまたスマートフォン、タブレットそしてテレビといった様々なデバイスで見ている動画は通常アングルが決まっています。編集している人が見ているアングルそのままで楽しむのが今までの動画の常識でした。対して、今、画面上に流れている動画ですけどドラッグしてみるとこの様な形で、アングルを自由に変えることができます。この様なユーザーが自由にアングルを変えることができる動画が今どんどん普及が進んでいて様々な環境で見たりまた、自分で作ったりすることができるようになっています。こうした動画、色々言い方があるんですが1つの言い方としてVR 動画という言い方もされます。VR は Virtual Realityつまり自分がその場にいるかの様に様々なに自分の意思にそってこの様に見る方向を変えるそれに基づいて VR 動画と呼ばれることがあります。この VRVirtual Reality なんですが厳密に言えば、これはただ単に360° の映像が映されてるだけなので中で現実をシミュレーションしているわけではないので正確な意味での Virtual Reality とは呼ぶことができないんですが便宜上、この様に実際にその場にいるかのように自由にアングルをとれるものそういったものも VRVirtual Reality の1種として扱われています。 そしてお気づきの通り単にその空間の映像を映しただけではなくてそこにこの様な文字のアニメーションを入れたりとか、別の動画を入れたりまたこんな特殊効果のようなものを入れたりこうした処理が施されていますがここで見ている処理は、すべて Premiere Pro で行われたものです。では Premiere Pro に画面を切り替えてみましょう。こちらが、最新版の Premiere Pro ですがさっき、あちらのプレイヤーで見ていたのと同じ状態がこっちのPremiere の中にも再現されていてこのプログラムウィンドウの画面もドラッグで動かせるようになっています。Premiere には「VR ビデオ」というモードが付いてこれにより、この様なユーザーが任意に角度などを変えることができるVR ムービーの編集ができるようになりました。この講座では、こうしたPremiere Pro を使ったVR 動画の編集について様々なノウハウをご紹介していきます。ただ単に元々 360° 撮影された素材を繋げるだけではなくこの様に積極的に文字を入れたり様々な効果を付けたりそういった所でも言及していくので是非とも、ご自分の表現の中に取り入れて行って下さい。

VR動画編集入門

Premiere Proではユーザーの動きに合わせて360度全方位見渡すことができるVR(ヴァーチャルリアリティ)動画を編集することが可能です。このコースではVR動画の基礎知識や対応するカメラの紹介、VR撮影対応のカメラで撮影したファイルの下準備やVR空間へのロゴやテロップの挿入、YouTubeを使ったビデオの公開方法などを紹介しています。

2時間01分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。