VR動画編集入門

写真ベースのVRムービーをアップロード

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真をベースに作成されたVRムービーをPremiere から直接YouTubeにアップロードし、ブラウザ上で閲覧します。
講師:
02:33

字幕

このレッスンでは、写真を素材にしたVR ムービーのYoutube へのアップロードについて解説します。今、こちらにでてるのが360° 撮影された写真です。もちろん、このままでは動かないですけどそこに対して、例えばアニメーションするテロップを入れてそして別のビデオを合成して更に引出点も付けてそして床の部分にアニメーションするこんな素材を配置してと処理自体は全部通常の Premiere の編集で行う平面的な作業とあまり変わらない状態となっています。しかしこれは VR モードに切り替えるとこの様に立体的な中に様々なコンテンツが配置された状況となっています。では、これを Youtube にアップロードします。Youtube へのアップロードなんですが写真がベースであっても手順は全く同じです。「ビデオ」の項目で「VR ビデオ」>「VR ビデオとして処理」ここにチェックを入れておいて「パブリッシュ」で「Youtube」にチェックを入れてそして「書き出し」を実行します。書き出しが実行されてしばらく Youtube 側での処理が行われるとこの様にして Youtube 上にムービーがアップロードされます。 再生してみると非常に躍動感がありますね。写真がベースなんですけどそんなことを感じさせないぐらいにこの文字であったりこのサブのムービーがあったりまた中央部分に、この様なアニメーションが合成されてることで非常にちゃんと動画としてのコンテンツに仕上がっています。なかなか 360° 全部ケアしてきちんとした動画を撮るのは大変ですけど写真大では修正もしやすいですしこの様に様々なコンテンツを加えることでかなり面白い内容に仕上げることができます。是非、こうした写真ベースのVR コンテンツの作成にもチャレンジしてみて下さい。

VR動画編集入門

Premiere Proではユーザーの動きに合わせて360度全方位見渡すことができるVR(ヴァーチャルリアリティ)動画を編集することが可能です。このコースではVR動画の基礎知識や対応するカメラの紹介、VR撮影対応のカメラで撮影したファイルの下準備やVR空間へのロゴやテロップの挿入、YouTubeを使ったビデオの公開方法などを紹介しています。

2時間01分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。