Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

Offsetの使い方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
相対的な位置のセルを返すOffsetを覚えましょう。
講師:
04:19

字幕

このレッスンではOffset の使い方を解説します。Offset とは相対的なセルを表すプロパティです。書き方は基準となるセル .Offset括弧して行、列と指定します。では具体的な使い方を解説しましょう。例えば、この様な表があった時ここは何処ですか。C の 3 ですね。では、ここは何処ですか。ここは C の 4 です。このセルは C の 4 なのですが言い方を変えるとセル C の 3 から見て1 行下で列は同じと表すこともできます。これを Offset に直してみます。先ず 1 行下で列は同じというのを、この様に考えます。1 行下で 0 列右セル C の 3 を仮に Range で表すならRange C の 3 ですね。この「から見て」が Offsetです。1 行下で 0 列右なのですから1 の 0 となります。セル C の 3 の周囲だけで言うならばこの様になります。右下は 1 の 1左上は -1 の -1勿論例えば 5 行下で 3 列右の様に遠く離れたセルを指定することもできます。これが Offset です。しかし、ここまでの説明だと一体これを何に使うんだろうと考える方もいらっしゃるでしょう。 確かに Range C の3.Offset 1,0 と書くんでしたら初めから Range C の 4 と書けば済む話です。そうではないんです。Offset を便利に使えるべき場面があります。今の様に Offset を使ってRange C の 3.Offset 1,0と書くくらいだったら初めから C の 4 と書きます。そうではなくマクロを実行するまで基準となるセルが分からないという時に Offset を使います。何処だか分からないんだけれど見つかるであろうセルの1つ右、1つ下、1つ上こういう時に Offset を使います。具体的な例をお話しましょう。例えば、この様な表があったとします。A 列には名前、B 列には日付C 列には金額が入力されています。この B 列から4 月 9 日を探すとします。探し方は色々あります。セルを検索するなんて手がありますね。或はB列を上から 1 つ 1 つチェックしていくという手もあります。何れにしてもなんらかの方法で4 月 9 日を見つけたとしてその見つかった 4 月 9 日を何かするというようなことは実務では少ないんです。実務で多いのは4 月 9 日はいくらだったの。 4 月 9 日は誰だったの。ということです。そんな時に Offset を使います。何処だか分からない見つかるであろうセルのOffset 0,1 と書いておけば日付を探して該当する金額を取得することができます。つまり VLOOKU Pの様な使い方ですね。VBA には VLOOKUP 関数がありません。従って、この様にOffset を使って該当する行を取得する方法が一般的です。Offset はとても便利に使える機能です。是非マスターしてください。このレッスンではOffset について解説しました。

Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

マクロの自動記録の機能は便利ですが、VBA (Visual Basic for Applications)を使って自分でマクロを作れるようになるには基礎から学習するしかありません。このコースではVBAの概念とその基礎知識から、実務において実際に役立つマクロの作成の仕方まで順を追って解説します。

2時間19分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。