Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

条件分岐(If)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
VBAには条件分岐のステートメントが2つあります。ここでは、マクロで最もよく使われる条件分岐の「Ifステートメント」を紹介します。
講師:
02:54

字幕

このレッスンでは条件分岐の If について解説します。条件分岐の Ifもし何々だったら何をするこういうやり方です。この If には何通りかの書き方があります。最もシンプルなのは書式 1 です。「もし」If と書いて条件を書きます。「だったら」を表す then を書いてその右に条件が正しかった時実行される処理を記述します。しかし、この書き方だと条件が正しかった時の処理は1 行しか書けませんね。そうではなく、もし条件が正しかった時複数の処理を行いたいのでしたらこれは 1 行では書けませんので書式 2 の様な書き方をします。もし If と書き条件を書きます。そこで改行して条件が正しかった時の処理を記述します。何行でも構いません。この場合どこで If が終わるのかを明確にしなければいけませんので最後に End If を付けてIf のブロックを終了します。End と If の間に半角スペースが 1 つ必要です。この書式 1 にしても書式 2 にしてもこれらは、いずれも条件が正しかった時、何かをする条件が正しくない時は何もしないという書き方です。そうではなく条件が正しくなかった時別なことをするには書式 3 の様な書き方をします。 もし If と書いて条件を書きます。だったらということで then と入力します。次の行に条件が正しかった時の処理を書きます。そうでなかったらという意味でEls と入力します。Els の後に条件が正しくなかった時の記述をします。勿論、複数行に渡りますので最後に End Ifを記述してIf のブロックを終了します。この様に If には複数の書き方があります。どの様に書いたら可読性が高まるのかを考えて適切な書き方をしてください。このレッスンではIf の解説をしました。

Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

マクロの自動記録の機能は便利ですが、VBA (Visual Basic for Applications)を使って自分でマクロを作れるようになるには基礎から学習するしかありません。このコースではVBAの概念とその基礎知識から、実務において実際に役立つマクロの作成の仕方まで順を追って解説します。

2時間19分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。