Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

複数条件での分岐

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「かつ」や「または」などを使った複数条件による分岐の仕方を紹介します。
講師:
03:04

字幕

このレッスンでは複数条件での分岐について解説します。複数条件で処理をするにはand 又は or 等を使います。ワークシート上で使ったことがある方もいることでしょう。そういう方は注意が必要ですよ。ワークシート上では and又は or は関数です。and と書いて括弧を書きます。又は or と書いて括弧を書き中に条件を指定しますしかしそれはワークシート上のやり方です。VBA で and や or は関数ではなく演算子です。従って条件と条件の真ん中に書きます。このように複数条件を指定する時にはif もし条件1 and 条件 2 等の様に書くのですがここで多くの方が間違いを犯します。この様に複数の条件を指定する時のポイントはそれぞれの条件は独立して完結していなければいけないということです。それぞれの条件とは条件1条件 2 のことです。if で使用する条件は登場人物が 3 人でしたね。何か記号何かこの 3 つで構成されます。つまり条件 1 も条件 2 もそれぞれ登場人物を 3 人指定しなければいけないということです。では間違った書き方をご覧に入れましょう。if もしセル A1 が 1 又は 2 だったらとういう条件を書く時にこういう書き方をすることが多いです。 しかしこれを良く見ると左側の条件は登場人物が3人で構成されています。Range A1=1では右側はどうでしょう。こちらは登場人物が1 人しかいませんね。これではエラーになります。こういう時 VBA では次の様に書かなければいけません。もし A の位置が 1 と等しかったら又は Aの 1 が 2 と等しかったらこちらは左の条件も右の条件もそれぞれ登場人物が3 人づつ構成されていますね。この様に複数条件で分岐する時にはそれぞれの条件が独立して完結していけなければいけないというのがポイントです。このレッスンでは複数条件での分岐に付いて解説しました。

Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

マクロの自動記録の機能は便利ですが、VBA (Visual Basic for Applications)を使って自分でマクロを作れるようになるには基礎から学習するしかありません。このコースではVBAの概念とその基礎知識から、実務において実際に役立つマクロの作成の仕方まで順を追って解説します。

2時間19分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。