Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

Left関数

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Left関数は、文字列の左から指定した文字数分を抜き出す関数です。
講師:
01:57

字幕

このレッスンではLeft 関数の解説をします。Left 関数は元になる文字列から指定した文字数分だけ左側を抜き出すという関数です。同じ名前で同じ働きをするワークシート関数がありますのでワークシート上で使ったことがある方も多いはずです。ワークシート上で Left 関数を使う時は=と打って先ず関数名を入力します。括弧を書いて中に引数を指定します。VBA でも書き方は一緒です。先ず関数名を書きます。そして引数を指定します。勿論ワークシート上の場合はセルを参照する時にただ A の 2 などとアドレスを指定すれば良かったですがVBA の場合必ず Range 或いは Cells 等セルを特定する書き方をしなければいけません。例えば次の様な書き方です。元になる文字列を直接指定するとするならLeft("ABCD" から 2 文字を抜き出すとするとこの関数はABを返します。もし元になる文字列がセルに代入されていたら例えばこんな感じです。Left 関数でRange("A1").Value何文字抜き出すかの指定を2 などと指定しますFor Next と Cells を使っているならCells(i, 1).Valueなどと指定します。 このレッスンではLeft 関数の解説をしました。

Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

マクロの自動記録の機能は便利ですが、VBA (Visual Basic for Applications)を使って自分でマクロを作れるようになるには基礎から学習するしかありません。このコースではVBAの概念とその基礎知識から、実務において実際に役立つマクロの作成の仕方まで順を追って解説します。

2時間19分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。