Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

InStr関数

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
InStr関数は、任意の文字列の中に、指定した文字が何文字目に存在するかを調べる関数です。
講師:
01:52

字幕

このレッスンではインストリング関数の解説をします。インストリング関数はある文字列の中で検索する文字が何番目にあるかを返してくれる関数です。例えば ABCD の中にB は何文字目にありますかとインストリング関数で調べるとB は左から数えて 2 番目ですから2 という数字を返します。では存在しない文字を検索したらどうでしょう。ABCD の中にX は何文字目にありますか。ありませんね。そんな時インストリング関数はエラーになるのではなく存在しないという意味を込めて0 を返します。この様にインストリング関数は存在しない時 0 を返しますのでそもそも文字列の中に何かが含まれているかどうかの判定で使われることが多いです。文字列を検索した結果インストリング関数の結果が 0 だったらどこにも含まれていないということです。あるいは 0 でなかったら0 より大きい数字が返ってきたらどこかに含まれているということですある文字列の中に何かの文字が含まれているかどうかを調べる演算子はVBAにありません。そうした条件を指定するときにはこのインストリング関数を使ってください。このレッスンではインストリング関数の解説をしました。

Excel VBAの第一歩、主な概念を知ろう

マクロの自動記録の機能は便利ですが、VBA (Visual Basic for Applications)を使って自分でマクロを作れるようになるには基礎から学習するしかありません。このコースではVBAの概念とその基礎知識から、実務において実際に役立つマクロの作成の仕方まで順を追って解説します。

2時間19分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。