After Effectsで作るスタイリッシュなスライドショー

写真の読み込みとコンポジション作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AfterEffectsに素材となる写真を読み込み、新規コンポジションを作成して素材を配置する流れを解説します。
講師:
07:06

字幕

このレッスンでは、AfterEffects でスライドショーを作る際のファイルの読み込みとコンポジションの作成について解説します。それでは、いま Aftereffects の上に新規のプロジェクトが開かれています。ここに素材を読み込んで、そしてコンポジションを作成してスライドショー作りの一番基本的な部分をやってみましょう。それでは、まずプロジェクトパネルに素材を読み込みます。ファイルメニューの「読み込み」>「ファイル」、これを実行するかまたは、Mac の方は CommandWindows の方は Ctrl を押しながら I を押すかもしくは、このパネル上をダブルクリックするとどれをしても同じですがこのようなファイルの読み込みになります。このコースのアセットの中にこのような写真が入っているのでこの animal01 から 04 ですねこれを読み込んでみようと思うのですがこのように同じファイル名で番号だけ変えてある連番というものはこういった状態になっている写真を読み込むときにはちょっと注意が必要です。では、今この animal01.jpg 、これを一枚だけ選んで読み込みをしてみましょう。すると、どうなるかというとここを見ていただくと、1から4という形になってしまっています。 そして JPG シーケンスになっていますがこれがどのような状態かというとこの様に同じフォルダの中にあった1から4までのファイルが全部1つのムービーのような状態になってしまいました。では、一回これはデリートします。これは、なぜかというとこの様にナンバリングされている同じ名前のファイルを選んだ時にシーケンスオプションというこの部分今、JPG シーケンスというのにチェックが入ってしまっています。これが入っていると一枚だけ読み込もうとした時にこの残りの同じ名前で番号が付いているものを一緒に読み込んで、それらが続いている動画のような形に読み込まれてしまいます。今回は全部写真をバラバラに読み込みたいのでJPG シーケンスのチェックを入らないようにしておいてください。では、改めて、この Animal の1から4までを別々のファイルとして読み込もうと思います。その場合には、Windows の場合 Ctrl キーMac の場合は Command キーを押しながらそれぞれのファイルですね、これをクリックしていくと選べるのでこれで読み込みを行うとこんな感じでバラバラの素材として読み込むことができます。それでは、実際にコンポジションを作りましょう。 では、「コンポジション」>「新規コンポジション」を実行します。今回は、一般的な Full HD のテレビで再生して綺麗に見られるスライドショーを作ろうと思うのでプリセットはこれを使います。HDTV1080、29.97 これを選ぶといわゆる、FullHD の解像度で作れるのでテレビで見ての綺麗な状態となります。そして、Duration これはスライドショーの長さですね。これはこの写真の枚数などで違ってきますが今回、30 秒にしてみましょう。「3000」と入れてやってどこかをクリックすると30 秒になります。では、これで「OK」をクリックします。コンポジションができました。そして、この素材をこの中にドラッグするとレイヤーになります。では、例えば、これは、今写真がかなり大きい状態なので「Transform」を開けてスケールを 50 にしてみましょう。そうすると、横幅がピッタリの状態となりました。では、この同じ横方向の写真この Animal03 がありますがこれも同じような形なのでこれの次に並べて見たいといった時に簡単に行う方法があります。では、例えば、この1枚の写真を5 秒間表示するとしましょう。 時間位置を5秒に合わせてそして、このレイヤーを選んでそして、Mac の場合には Command キーShift キーと DA B C D の D のキーですね、WIndows は Ctrl と Shift と D ですね。それを押すとこの様にレイヤーが分割されます。では、こちらの要らない方をクリックします。そして、では、また次もこの新しい写真を持って来て同じようにスケールを変えてとやってもいいのですが同じことをあまり何回も行っていくのはめんどくさいですね例えば、1枚 これを位置も含めて多少調整されたピッタリとなっているファイルがある場合にはこれを複製した上で置き換えるということができます。では、まず、このレイヤーを選んでいる状態でCommand もしくは Ctrl を押しながらD を押してください。そうすると、この様に、同じレイヤーが複製されます。そしたら、今度はこの animal03 の写真をここに持ってくるわけですけど一回クリックして、選ばれている状態でMac の方は Option キーWindows の方は Alt キーを押しながらこれをドラッグしてきてそして、このレイヤーに重ねます。 そうすると、パッとこのサイズがあった状態で、中身だけが置き換えられました。そしたら、今度はこの写真を違う時間位置にずらしてやればこれで、もう2枚の写真がこのように切り替わるスライドショーの原型ができました。スライドショーは結構何枚もの写真を処理していくのでこのように、一枚だけの状態で何かしらの設定ができた状態で今の方法、Option または Alt キーを押しながら、ドラッグすることで差し替えそれを行うことで、作業の手間を大幅に省くことができます。この方法を使えば、ある程度枚数が増えても作業しやすいので、是非とも試してみてください。

After Effectsで作るスタイリッシュなスライドショー

After Effectsを使うとひと味違ったスタイリッシュでリッチな映像表現を用いたスライドショーが作れます。このコースでは使用する写真の下準備や基本的なコンポジションの組み立て、アニメーションの速度変更やモーションブラーの適用、さまざまな画像切り替えのエフェクトや3D機能、古いフィルムのような質感や光の粒子が飛び散るような演出などを学ぶことができます。

2時間22分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。