Photoshopで「飛翔する鶴と富士」を描く

新規レイヤーを作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画面全体のサイズを決め新規ファイルを作り、スケッチは新規レイヤーからはじめます。
講師:
01:51

字幕

このレッスンでは岩絵具を使った日本画調のものそういう作品を作っていこうと思っています。タイトルとしてはアイテムですね。飛翔する鶴と富士を描いていきます。まずはサイズですね、サイズは非常に大切なのでサイズを決めていこうと思うんですけど新規ファイルをまず作ってそうですね...ピクセル数、今入ってるので入れてみますけど350 にしたいですね。解像度 350印刷した時にどういうサイズになるのかという今これ完全にカスタム化されてますけど約 28cm 弱と16cm 弱と、そういう形ですね。ピクセル数にするとこんな感じです。何故こんな形にしてるのかというと少し横長に映像作ってみたかったんですね。全体を見ると、少し縮小しますけどこんな感じですね。なんか縦長とか横長ってなんかこう、日本画的な特に富士山と鶴とかっていうとそんな感じで行ければいいんじゃないかと思いますのでこれに新しいレイヤーを作ってここにまずはスケッチをしていくとそういう作業から始めていきたいと思っています。このレッスンでは新規ファイルを作ってアイデアスケッチをする準備をしていきました。

Photoshopで「飛翔する鶴と富士」を描く

このコースでは、Photoshopのブラシの使い方や仕上げ加工のテクニック、レイヤー機能や選択範囲ツールをうまく使うことで、デジタル絵画に日本画風のテクスチャー感を与えて仕上げていく過程を「飛翔する鶴と富士」を実際に描きながら解説します。日本画特有の仕上がり感を表現するために必要なデジタル絵画のテクニックを学ぶことができます。

2時間16分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。