Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

特定範囲の並べ替え

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表全体ではなく、表の一部だけを並べ替える方法を紹介します。
講師:
02:39

字幕

このレッスンでは特定範囲を並べ替える方法を解説します。チャプター 1 のソート xlsx を開きシート 7 を開いてください。一般的に並べ替えを行う時はExcel が並べ替えの対象となる表の範囲を自動認識します。やってみましょう。例えば A 列の任意のセルを右クリックし並べ替え、昇順を実行するとA 列が昇順に並べ替わりました。なぜならアクティブセルがA 列にあったからです。では特定の範囲だけ並べ替える時はどうしたら良いでしょう。先ず、表の状態を元に戻しておきます。クイックアクセスツールバーの元に戻すボタンをクリックしてください。今 B 列の商品にはA と B が入力されていますね。この内商品 A の範囲だけ並べ替えたいしかも基準となる列は C 列という様な時にはどうしたら良いでしょう。この状態で並べ替えを実行するとアクティブセルがあるA 列を基準に並べ替えてしまいます。アクティブセルを移動しようとして矢印キーを押すと選択範囲が解除されてしまいます。困りました。何とかして選択範囲を解除せずこの状態のままアクティブセルを移動したいです。それには Tab キーを押します。セル範囲を選択している状態でTab キーを押すとアクティブセルが右方向に 1 つ移動します。 この機能を使って選択範囲を解除しないままアクティブセルを C 列に移動します。これで並べ替えを実行すれば選択されている範囲だけC 列を基準に並べ替えることが可能です。やってみましょう。右クリックして並べ替えをポイントします。昇順をクリックすると選択範囲だけ C 列で並べ替えることができました。このレッスンでは特定範囲の並べ替えについて解説しました。

Excel 2013 データ分析のための基礎ツール

Excelにはオートフィルタやピボットテーブルなどデータを分析するための機能が豊富に用意されています。しかし多くの方はこれらの機能を十分に活用できていないのではないでしょうか。このコースでは「データとはなにか」という基本的な概念から、基本機能である並び替えやオートフィルター、ピボットテーブルなどまで順番に解説していきます。

1時間51分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年01月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。