Photoshopで「飛翔する鶴と富士」を描く

タブレットに紙を敷く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タブレットはそのままだとツルツルして描きにくいことがあります。詳細な絵を描く時はタブレットパッドの上に紙を敷きましょう。
講師:
02:05

字幕

このレッスンではいよいよ骨描きをしていくわけですけれどその前にちょっと用意したほうがいいというものがあります。タブレットって結構滑りがよくて滑った方がいい絵というのもあるんですけど下絵があってそれに、それを頼りに綺麗な線をなぞっていこうとすると以外にぶれてしまうんですね。人はつるつるしたものだと、どうしても力が変に入ってしまったりしますのでここでは何をするのかというとこんな風にします。タブレットに紙を敷いてるんですね。この写真では紙は貼り付けてないんですけどもう少し大きい紙を敷いてもいいですからタブレットに簡単にセロテープかなんかで端っこをとめるていうようなことをすると普段からでも紙を貼っておくといいんですね。あと紙以外にもカッターマットってありますよね。ああいうものを載せてしまっても大丈夫です。タブレットは少し浮かし気味でもちゃんと感知して描くことができますので自分が使いやすいようなパッドを上に敷くというそういう風にして描いていくといいと思いますので是非何かいろんなもの試して使ってみて下さい。私はその都度その都度変えてるんですけどそのカッターマットとても描きやすいと思います。それから、ない時には普通の A4 のコピー用紙それを敷いて使っています。 このレッスンではタブレットに紙を敷くというあまり皆さん使ったことないと思うんですけどとても描きやすくなりますので是非使ってみて下さい。

Photoshopで「飛翔する鶴と富士」を描く

このコースでは、Photoshopのブラシの使い方や仕上げ加工のテクニック、レイヤー機能や選択範囲ツールをうまく使うことで、デジタル絵画に日本画風のテクスチャー感を与えて仕上げていく過程を「飛翔する鶴と富士」を実際に描きながら解説します。日本画特有の仕上がり感を表現するために必要なデジタル絵画のテクニックを学ぶことができます。

2時間16分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。