Photoshopで「飛翔する鶴と富士」を描く

最終調整して完成させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
最終仕上げのために、色調補正や明度の補正などをしていきます。
講師:
02:38

字幕

このレッスンではもう最終調整ですね。ほとんど、これでできたようなものなんですけど後はコントラストを調節してみたりとか色、これも少し調節してみたりていう風な作業をしていきます。まず’コントラストですね。コントラストは、もうここの上に調整レイヤーをかけます。「明るさ・コントラスト...」なんてのもあるんですけど私はやっぱりこの「トーンカーブ」が好きでトーンカーブを明るくしたりとかこう暗くしたりとかここで、微妙な変化を付けてあげるだけでS 字にするとコントラストが付いて逆 S ですね、こうするとコントラストがあまくなるんですけどここであまり黒い所作っても仕方がないので少し中間調という、ここですね。このカーブの中でカーソルを持って行ってマウスダウンというかペンを圧しつけてこう動かして見て下さい。それから、要らないなとこの点がたくさん作ってしまって何か要らないなという時、外側に、こうドロップ、ぎゅっと持ってくると点がなくなります。これで調整をしてこれを使って色も調整できるんですね。赤っぽいと思ったら、「レッド」を表示して下にすると、赤の色がなくなって上の方にすると赤の色が強くなるとこういうのも RGB で1個ずつコントロールできるので少し時々こうやって使って見るといいと思います。 ブルーの要素はないので...ちょっとありますね、黄色になってしまいますね。少し黄色味を変えてここは、こんな感じにしたいと思いますね。ここら辺見えないですけどRGB の所で、少し S 字ですね。これは使ったか、使わないかというのを目のアイコンで、こうすると、全然やっぱり違いますね。今、使うとここら辺が光り輝いてくると思うんですね。こんな風にして完成させていきます。これで保存すれば完成、印刷もできます。このレッスンでは最終調整して完成させるとトーンカーブを使って調整していきました。

Photoshopで「飛翔する鶴と富士」を描く

このコースでは、Photoshopのブラシの使い方や仕上げ加工のテクニック、レイヤー機能や選択範囲ツールをうまく使うことで、デジタル絵画に日本画風のテクスチャー感を与えて仕上げていく過程を「飛翔する鶴と富士」を実際に描きながら解説します。日本画特有の仕上がり感を表現するために必要なデジタル絵画のテクニックを学ぶことができます。

2時間16分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。