Javaオブジェクト指向プログラミング講座

コンストラクタとは

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クラスからインスタンスを生成するのに必要なコンストラクタの役割と使用方法について解説します。
講師:
04:57

字幕

このレッスンでは、クラスからインスタンスを生成するのに必要なコンストラクタの役割と使用方法について解説します。コンストラクタ、英語の辞書を引いて見ると建設者、建設会社となっています。ソフトウェアの世界では、オブジェクトを構築するものがコンストラクタです。クラスという設計図を基にオブジェクト、つまりインスタンスを作るのがコンストラクタです。具体的にはインスタンスを初期化します。new 演算子で呼びだされます。必ず、 new 演算子が必要です。必要サイズのメモリ領域を確保しインスタンスを初期化します。クラスに必ず必要です。自分で特に明示的に定義しない場合はデフォルトコンストラクタが用いられます。コンストラクタは自分でも定義することができます。名前はクラス名と全く同じです。大文字小文字も同じです。戻り値を持たないと特殊なメソッドです。コンストラクタ一見メソッドのようですが戻り値を持ちません。複数定義可能することができます。つまり、オーバーロード多重定義です。名前は同じです。名前は同じですが引数の数とか引数の型が違うそういったコンストラクタを作ることができます。コンストラクタの使用方法デフォルトコンストラクタの例を示します。 Kokyaku k 顧客というクラス名ですね。k は変数名です。次に、new 演算子でこの Kokyaku これがデフォルトコンストラクタです。new 演算子とデフォルトコンストラクタです。次に k.print としています。すると、kという今、Kokyaku のオブジェクトが1個生成されました。Print は顧客番号と顧客名を表示するメソッドです。今、値は何も入っていません。これを実行するとどうなるかというと0 Null つまり顧客番号の初期値これは0、顧客名の初期値 Nullこれは Kyokyaku というコンストラクタの中で初期値が設定されています。コンストラクタ呼び出しは必ず必要です。コンストラクタ呼び出さないでこれは、コメントですがいきなり、Kokyoku k と変数を宣言しただけでk.print () とするとどうなるかとまあ、Int 型とか普通のプリミティブな変数ですね、のようにこういうふうに行うとどうなるかとこれは実はコンパイルエラーです。k というオブジェクトがないんですね。この new 演算子をしていないのでメモリ領域が取られていないしこのオブジェクトは無いわけです。 無いオブジェクトに対して.print はできないでのでこれは実行では無くてコンパイルのエラーになります。次はコンストラクタを自分で記述してみましょう。これ、自分で Kokyaku というコンストラクタを作ったのです。引数も無しです。ただ、デフォルトコンストラクタと同じですね。ここで、name=”未入力”というように設定します。それで、これを実行するとどうなうとかとKyokyaku k = new Kokyakuこの Kokyaku はデフォルトコンストラクタでなくて今、自分が作ったこれに変わったわけですね。実行すると、0 未入力とつまり顧客番号はまだ設定しないけれど顧客名も設定してないけれどもコンストラクタを呼んだ時にこれが実行されるのでNname =”未入力”とこの文字列に変わります。このレッスンでは、クラスからインスタンスを生成するのに必要なコンストラクタの役割と使用方法について解説しました。

Javaオブジェクト指向プログラミング講座

このコースではオブジェクト指向プログラミングの3大特徴である「カプセル化」「継承」「多態性」を、UMLモデルとJavaプログラムを対比しながら解説します。「カプセル化」ではコンストラクタや可視性、「継承」ではUML汎化関係とJavaの関係、「多態性」では継承およびインタフェースによるプログラミング方法などを説明します。

3時間23分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年09月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。