Javaオブジェクト指向プログラミング講座

コレクションについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コレクションとは何か、その概念と種類について解説します。
講師:
04:09

字幕

このレッスンではコレクションとは何かその概念と種類について解説します。コレクションは同種のオブジェクトの集まりを1つのオブジェクトとして管理する方法です。配列をより使いやすくしたものです。追加、削除、検索などの便利なメソッドを持っています。可変長です。配列は一列にずらっと0番目、1番目、2番目と並んでおりますけどコレクションはいろんな方法で追加、削除、検索できたりそれからこの可変長これが大きなメリットですね。配列は途中で長さを変えることはできません。コレクションの種類、まず代表が「リスト」です。これは順序付けられた配列です。配列とほぼ同じです。それから「セット」、集合ですね。これは重複のないオブジェクトの集まりちょっと管理がしにくいです。「マップ(辞書)」これはキー検索できるオブジェクトの集まりすべてのオブジェクトにキーが付いています。それで検索できます。「リスト」「セット」「マップ」一般的に3種類あります。コレクションの種類これはものを整理する方法を順番に並べる方法とラベルを付ける方法が一般的に加わります。例えば、引出ですね、これを上から順番に番号1番目、2番目、3番目ソフトウェアの世界では番号0から始まりますので0、1、2です。 もう1つは、こうばらばらにある箱ですね。これ全部のラベルを付ければラベルを見れば何入ってるかわかるわけです。こういう整理する方法、2つあります。リスト、セット、マップで順序が付いてるかどうかリストは順序が付いてます。他は順序がありません。それから重複、おなじものが2個あってもいいかどうかリストは OK です。セットは同じもの駄目です。マップも OK です。次にキーですね。要はラベルが付いてるかどうかマップはこのキーが付いてるこれが特徴です。イメージで言えば引出型がリストです。ばらばらの箱に、こうラベルが付いてます。これがマップのイメージです。リスト、順序でオブジェクトを保持するコレクションです。Java には ArrayList というクラスライブラリがあります。可変長配列、普通の配列の長さが実行時に変えられるんです。LinkedListこれは各要素は前後の要素を示すポインタつまり次とか1つ前とかを示すことができます。セット、セットはデータの重複を許さないコレクションセットだけではどうしようもないのでHashSet、何かキーで検索できる但し順序は保証しない。TreeSet格納される値による順序を持ちます。 マップ、キー検索機能を持つコレクション。hashMap というのは順序を保証しません。キーで検索します。TreeMap というのは格納される値による順序を持ちます。このレッスンではコレクションとは何かその概念と種類について解説しました。

Javaオブジェクト指向プログラミング講座

このコースではオブジェクト指向プログラミングの3大特徴である「カプセル化」「継承」「多態性」を、UMLモデルとJavaプログラムを対比しながら解説します。「カプセル化」ではコンストラクタや可視性、「継承」ではUML汎化関係とJavaの関係、「多態性」では継承およびインタフェースによるプログラミング方法などを説明します。

3時間23分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年09月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。