Javaオブジェクト指向プログラミング講座

継承とは

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
継承の概念とJavaでの記述方法を解説します。
講師:
04:16

字幕

このレッスンでは、継承の概念とJava での記述方法を解説します。継承には2つの方法があります。1つはクラスを分類する方法これはトップダウン方式です。サブクラスを追加していきます。もう1つは共通部分を発見する方法ボトムアップ方式です。これは逆にスーパークラスを抽出していきます。クラスを分類する方法トップダウン方式です。例えば Kokyaku を個人顧客と法人顧客に分類します。これはトップダウン方式です。サブクラスを追加していきます。共通部分を発見する方法これはボトムアップ方式です。例えば、個人顧客、法人顧客これが先にあったとします。どちらも顧客番号、名前顧客番号、名前個人顧客には性別があり法人顧客には業種があります。同じものと違うものがあります。こういった場合、顧客というクラスを作って、ここにこの共通の番号と名前を追加します。それでサブクラスの方はスーパークラスにあげた番号、名前をとります。性別と業種、違うものだけです。これがボトムアップ方式です。継承される特性こういったモデル、顧客個人顧客、法人顧客それから連絡先、これを考えます。そうすると、この個人顧客、法人顧客は顧客の属性を継承します。 この顧客番号、顧客名ですね。これここに書いてませんけど、使えます。個人顧客というクラスから番号、名前を使うことができます。次は操作です。ここに印刷する顧客番号と顧客名を印刷するというメソッドUML の操作があります。これをここからも使えます。ここに書いてませんけど個人顧客のインスタンスはこの「印刷する」という操作を呼びだすことができます。これは個人顧客、当然法人顧客からも呼びだすことができます。もう1つあります、それは関連です。ここにこう関連があります。コンポジションついてますけどこれはオプションですので関連があります。そうすると、これ顧客が自分の連絡先を持ってるわけですけど個人顧客もこの連絡先を持ってる法人顧客もこの連絡先を持ってるつまり関連も継承しているわけです。だからここに連絡先を印刷する住所と電話番号を印刷する連絡先を印刷するという操作があったとします。この操作を個人顧客から呼びだす法人顧客から呼びだすことができます。この様に継承は属性、操作、関連これらを継承します。次に Java での記述法です。A、スーパークラスB、サブクラスがあったとします。そうすると、このサブクラスの方にextends スーパークラス名こう書きます。 スーパークラスの方は何も書く必要がありません。サブクラスの方にextends というキーワードでスーパークラス名を指定します。このモデルだったら、 class B の横にextends A と書きます。拡張するということですね。サブクラスというのはスーパークラスを拡張するという意味でextends と書きます。これで拡張した部分をここに書くわけです。このレッスンでは継承の概念とJava での記述方法を解説しました。

Javaオブジェクト指向プログラミング講座

このコースではオブジェクト指向プログラミングの3大特徴である「カプセル化」「継承」「多態性」を、UMLモデルとJavaプログラムを対比しながら解説します。「カプセル化」ではコンストラクタや可視性、「継承」ではUML汎化関係とJavaの関係、「多態性」では継承およびインタフェースによるプログラミング方法などを説明します。

3時間23分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年09月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。