Javaオブジェクト指向プログラミング講座

多態性で顧客種別に対応する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
多態性を、顧客種別により印刷方法を変えるプログラムで解説します。
講師:
05:15

字幕

このレッスンでは、多態性を顧客種別により印刷方法を変えるプログラムで解説します。この顧客のモデルですね、顧客、連絡先、個人・法人顧客種別によりラベル印刷方法を変える今度は、printLabel( ) という操作を作ります。個人の場合は、…様法人の場合は、 …御中となります。paitnInfo は、今までどおり顧客情報を表示します。これは抽象クラスです。これは、2つとも抽象操作です。実行結果、これは、顧客情報ですね。個人は男性、女性法人は製造業、サービス業業種が表示されます。これが、printInfo です。それで、ラベル印刷の方は個人は、「様」法人は、「御中」になります。これが printLabel です。これを Java でプログラミングします。printLabel というプロジェクトを作ります。ファルダは、ch0 とMain にします。Renrakusaki を作ります。次にアブストラクト Kokyaku を作ります。abstract Kokyakuそして、メソッドはabstract printInfo、 printLabelこれをオーバーライドしていきます。次に個人です。class kojin extends kokyakuprintInfo とprintLabel これをオーバーライドします。 printInfo は前と同じです。printLabel 、ここでrenrakusaki.printOther連絡先の住所を印刷するメソッドを呼びます。次に、ここで name+「様」を付けるわけですね、個人の場合は「様」を付けます。次は、法人です。houjin.printInfoprintLabelそして、ここで、住所を印刷してそれから、名前+「御中」にしています。次に、Main に Kokyaku を追加します。Kokyaku は ArrayList にしますのでこれは、Import が必要です。ここに、Import を追加します。まず、ラベル印刷の printLabel の方からやっていきます。拡張 for 文で Kokyaku:klistすると、リストの中全て印刷してくれます。これで、実行をかけてみます。そうすると、ラベル印刷でこういう風に個人は、「様」法人は「御中」になりました。次には顧客情報の方を印刷してみます。顧客情報の方は、printInfo です。これを実行をかけてみます。そうすると、上の方にラベル印刷が「様」、「御中」で出てきてそして、顧客情報のほうが男性、女性、製造業、サービス業というふうに出ます。 というところが、多態性のプログラムです。ここで大事なのはこれ、ArrayList を Kokyaku 型で作っているのですね。Super+の型Kojin、HoujinではなくKokyaku 型で作っているのです。そこで、後では、Kojin だったりHojin だったりしますがArrayList はKokyaku 型で持っています。そうすると、印刷するときもKokyaku 型で印刷しているのですね。ここから、オブジェクトを取り出して来ますけれども、これが個人っだか法人だかわからないわけです。どちらでも、printLabel でしたら自分自身は個人か法人か知っているから自分が個人なら個人の printLabel法人なら法人の printLabel こちらも一緒です。これが多態性のプログラムです。このレッスンでは、多態性を顧客種別により印刷方法を変えるプログラムで解説しました。

Javaオブジェクト指向プログラミング講座

このコースではオブジェクト指向プログラミングの3大特徴である「カプセル化」「継承」「多態性」を、UMLモデルとJavaプログラムを対比しながら解説します。「カプセル化」ではコンストラクタや可視性、「継承」ではUML汎化関係とJavaの関係、「多態性」では継承およびインタフェースによるプログラミング方法などを説明します。

3時間23分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年09月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。