Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

プリセットマネージャーで新しいプリセットを作り保存する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プリセットマネージャーを使い自分が使いやすいようなブラシのセットを作っておきましょう。
講師:
07:24

字幕

このレッスンではプリセットマネージャーを使って新しいプリセットを作っていきます。いままで、たくさんのブラシを作ってきました。ブラシをどんどん登録していったんですけどブラシが元々あるブラシとそれから今のブラシとこんな風に沢山並んでてどれがどれやらわからなくなってきますよね。花ブラシにして、hana 3 とかこれはきっとhana それから hana 1 というのがあってそれはもうカスタマイズする前のものですね。最終的なものは、この数値の大きいものでそれだけを纏めていきたいと思います。じゃあどうするのかというと「プリセットマネージャー」というのがありますのでここを開きます。元々あったもの、使えるものはそのまま残しておいて使わないもの、それに関しては削除をしていってしまえばいいと思います。じゃあどうするのかといいますとこれ名前が今、見えないので「リストを表示」ですね。ずっと下の方に登録されていますのでこう見つけて一番下まで下がってここら辺から行きますね。この’ブラシは original001 と書いてありますけどこれはもう過去に作ったものですね。今日作ったのは、この cloud からなのでこのブラシ、一応残しておいてもいいんですけどそのまま削除してしまいます。 original と書いてあるのはこれは今削除してしまいます。これあれですね、パラパラと散らした奴ですね。cloud は 1、2、3 とあります。これ使えますね。character とありますけどこれも characterこの絵では使うこと考えていないのでそのまま残しておきますけどそれからこれが、こうやって動かして同じ名前のものをこうやって動かしてそうすると、わかりやすいですね。monro 1、monro 2、それから過去のものありますので一番新しいのだけにしてしまいましょう。それから、これもそうですね。こちらに移しておいて、cyou ですね。cyou は 1 と 2 がありますので他に cyou があるかどうかをちょっと確認しまして最初のこの cyou は要らないものだと思うので削除します。ちゃんとプレビュー見て確認してもいいですけどそれから kuki というのが1 要らないですね。hana もありますね、 hanaこれ hanahana 1hana 3 というのもあるのでここを見てみる。hana 2 ないですね。では、この hana 削除してしまいますね。hana 3 だけ残します。 で stone これもこのプリセットマネージャーというのとても便利ですよね。ドラッグして削除したりとか名前を変えたりとかできますのでこれですっきりしたと思います。character 作ったの、これですね。monro という奴ですね。それから cyou が2つそれから kuki があってhana があって stone次 kusa、更にこの cloud、雲ですね。こういうのが今日作ったものですね。これ Shift を押してこういう風に選択できますのでこのままずっと上に運ぶことができます。自分が好きなものを、使いやすい位置一番上が使いやすいと思うんですけどこういう風に移すことができます。あと下の方にあるの必要なかったらさっきのようにこれ複数選択して例えば、ここら辺はこんな風に選択して離れた所、Shift を押すとこう固まって選択されてしまいますのでここ、それからこれ、それとこれという風に削除したいと思ったらWindows だと CtrlMac だと Command キーを押しながらクリックします。そうすると、離れた所選択できますので削除したかったら「削除」ボタンを押すともし名前を変えたかったら、名前を。 名前は1つずつですけどね。これで完了。これでプリセットマネージャーの上の方に並んでいるので非常に使いやすくなったと思います。うまくこうやって、プリセットマネージャーを使うといいと思います。更に、プリセットマネージャーをこの状態で保存しておいていつでも使えるようにしておきたいと思いますのでこのセットを保存します。これは簡単で、やはり「ブラシを保存」というこれだけです。ここに名称を付けますね。Popillust にでもしましょう。ちょっとポップなイラストを描いてみたいと思うのでPopillust でいいですかね。それで、ブラシフォルダですね、ここに保存します。クリック、ここで1回しちゃったんですけどそうすると、保存された思いますがここで、例えばこの素材ブラシから何か使いたいという時追加してもいいんですけどOK を押すと全部これ素材ブラシになってしまいますよね。こういう状態になった時更に、またここで使ったこういうブラシ使いたいというとここの中にはもう無くなってしまいます。その時は、ここからブラシを読み込みですね。これが保存した奴です。abr という拡張子が付いてますけどこれを開くと先程のものが下に追加されていきますね。 下にというのはどこか見つけずらいですけどこの上ですね、ここですね。ここからですね。これが素材ブラシです。ここからここまで要らないので見にくいですよね。またこの下の方に溜まってしまってるのでそしたらまたプリセットマネージャーを開いてとりあえずここをクリックして自分が作ったものの上までShift で選択して、削除と完了すると、一番上からこういう風に並んだ自分のブラシセットが使えるようになります。このレッスンではプリセットマネージャーを使って新しいプリセットを作っていきました。

Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

Photoshopの基本ブラシの描点はグレースケールで作られています。グレースケールでできた描点をどのように連続させて描くのかをブラシパレットでコントロールするのがブラシのカスタマイズです。このコースではPhotoshopに用意されていないオリジナルブラシを作成し、そのブラシを使ったデジタル絵画の描き方について解説します。

3時間04分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。