Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

背景用のレイヤーを追加しグラデーションで塗りつぶす

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラデーションの使い方を学び、グラデーションで塗りつぶします。
講師:
03:47

字幕

このレッスンでは背景用のレイヤーを追加していきます。背景用のレイヤーを追加してグラデーションをかけるということなんですけどまずスケッチ別のレイヤーに作ってありますよね。ここに背景ありますけど背景に直接かけないようにしていきましょう。背景にかけてしまってもいいんですけどこれ習慣づけるといいです。必ず何か操作する時新しい描画をする時レイヤーを1つずつ追加していくというこれでここがbackground にでもしておきましょう。グラデーションですね、グラデーションこれですね。グラデーションはまず「描画色から背景色へ」というの選ぶと楽に作業できます。他のグラデーションを使っているとこれはもう色が固定されてるんですね。固定されているというか選択した時点で固定されてるので変更することはいつでも可能なんですけど基本的にここの色はこの色、黄色ですね今。というのは、もう固定なんですね。で、これですね。「描画色から背景色へ」というのは色固定ではなくて色の位置は変えることできるんですけど描画色を使っているとここクリックすると描画色は変わっているんですけどこうすると全く全然別のものになってしまいます。プリセットと変わってますよね。 ですからこの「描画色から背景色へ」これを OK して描画色を変えていきます。描画色、変えていくとこの色が変わるとここの色が変わるわけですね。空は上の方少し暗めにして下の方明るめにしていこうと思いますので描画色上にして背景色、下にこれは何かこんな感じの色でいいのかな、という感じですけどもうちょっと明るくしましょうか。一度かけてみて調節するようでしたら再度かけなおすという風にしていきます。グラデーションツールですけどまずペンを置いたところからここに置きますね。ずっと下にかけていくと描画色が上で背景色は下なんですけどこの時にどうしても真下に向かってそんなにこの場合はシビアに垂直必要なわけではないですけど垂直には微妙にずれてしまうと思うんですね。こう斜めにすると斜めにこうかかるわけですよね。なのでそういう時はShift キーを押しますとカーソルが離れていってもカーソルが離れていってもこれ 45 度なんですけど垂直 45 度、水平多少カーソルが離れていっても垂直を保ったままグラデーションがかかります。こんな感じですね。もう少し下の方を明るくしましょうか。これかけ方ですね、距離によって変わってきますのでこんな感じでいいでしょうかね、もうちょっとかなもうちょっとここら辺にしましょう。 これで背景一発でできてしまいましたね。このレッスンでは背景用のレイヤーを追加して空の色を与えました。

Photoshop によるデジタル絵画入門:ブラシ編

Photoshopの基本ブラシの描点はグレースケールで作られています。グレースケールでできた描点をどのように連続させて描くのかをブラシパレットでコントロールするのがブラシのカスタマイズです。このコースではPhotoshopに用意されていないオリジナルブラシを作成し、そのブラシを使ったデジタル絵画の描き方について解説します。

3時間04分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年09月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。